なんやかんや、そしてTigers

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近読んだ本(69)――東野圭吾『虚像の道化師』

<<   作成日時 : 2015/09/27 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 探偵ガリレオこと大学の物理学の湯川准教授が活躍するシリーズ第7弾の短編集。また東野氏の本を読んでしまった。

 私は本を読むのが好きだ。というより元来物語が好きなのである。ドラマであれ映画であれ芝居であれ落語であれ、じっくり練られたストーリーが展開する物語を好む。だから漫才などは一発芸や単なるギャグネタばかりのものは好きではない。その意味では、ナイツの漫才とかアンジャッシュのコントなどが面白く思う。

 手軽に物語りを楽しむのはやはり小説ということになると思う。出掛ける時はバッグに必ず文庫本が入っている。高校時代からずっと続いている。通勤電車は読書の時間となっている。しかし、朝は混んでいるし、スマホを弄るために自分のスペースを確保しようとする人が増えて、私がバッグから文庫本を取り出して読むのを遠慮せざる得ない時が多い。それでも夏休み中は高校生がいない分、幾分か電車も空いていて本を読むスペースもあったのだが、9月になってなかなか朝の電車の中では本など読みにくくなってしまった。

 さらに、帰りの電車ではポケットラジオで野球中継を聞いているから、なかなか本を読んでいても集中できない状況が続いていた。それもご存じのようにもう終わりだ。これからは帰りの電車でも読書を楽しむことができるだろう。

 前回の東野氏の本を読んでから、実は2冊ほど他の人の作品を読み出していた。しかし、いずれも小難しい内容で、気軽に電車の中で読むことができず、途中で挫折してしまった。こういうことはたまにある。また後日、ゆっくり読める時間ができれば読むとしようと、本棚に並べてある本も何冊かある。

 東野氏の本を好むのは、表現が難しくないのが一番で、ストーリーも理解しやすく且つあとの展開に予想を裏切られるという快感も味わうことができるからだ。

 このガリレオシリーズ、特に短編集は気楽に読める氏の代表作のようなもので、第一弾の短編集『探偵ガリレオ』にハッとさせられてから、ずっと読み続けている。今作の『虚像の道化師』には7編収録されている。他の作品同様湯川准教授が、警察の捜査に首を突っ込み(いつも警察の方から協力依頼という体を取っているが)、事件の謎を物理学からの見解と知識を持って解決していくというものだ。

 この本に納められた7編の内、いくつかは先にテレビドラマのシリーズで見たことがあったもので、その結末は解っているものもあったが、テレビドラマとは違う湯川准教授の一面も描かれていて楽しめた。

 そして、それぞれの話には、読者の皆さんにそうは簡単に結末を予想させませんよ、と言いたげなどんでん返しも用意されていて、ストーリーとしても上手くできていると感じた。ま、それは人それぞれの感じ方で、人によっては都合のいいこじつけだと感じる人もおられるでしょうし、私も「うーん、これは……」と思う節がないでもなかったが、まあ大体が私はそんなに深く本を読む性(たち)ではないので、「あ、またやられた。そう来たか」と心の中で唸るだけだ。

 実際、アマゾンのレビューでは、この作品に批判めいたものもあるが、湯川准教授が冷たくお堅い物理学者ではなく、どこか心の温かい、人に優しい男と感じられる描写もあり、私は今回の作品には満足した。事件に巻き込まれた、または事件を起こした人に対しての真実を見抜いた湯川准教授の言動が気持ち良かった。爽やかな読後感で最後のページを閉じることができた。




虚像の道化師 (文春文庫)
文藝春秋
2015-03-10
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 虚像の道化師 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


☆ ぜひ一票を! ☆
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ゲコゲコおやじの
メインサイト
にもどうぞお立ち寄りを!


最近読んだ本(69)――東野圭吾『虚像の道化師』 なんやかんや、そしてTigers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる