なんやかんや、そしてTigers

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学生の作文に感動

<<   作成日時 : 2008/12/10 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 今日の朝刊に「小学生作文コンクール『わたしたちのまちのおまわりさん』」の内閣総理大臣賞受賞の2作品が掲載されていました。

 さすが総理大臣賞を受賞する作文はすごく上手です。受賞者は、小学校2年生と4年生女子児童です。文章の組み立ても完璧です。起承転結すらちゃんとできています。第一素直に自分の気持ちが出ています。読んでいて心が温かくなりました。最近めっきり涙もろくなっている私は、目頭が熱くなってきました。

 いつかも言ったことがありますが、何を言っているのやら解らんし、人に感銘を与えるなんてこともないであろう、私のブログの記事なんて、今日読んだ小学生の作文に比べたら、恥ずかしいです。穴があったら入りたいです。パソコンごと穴の中に放り込んでしまいたいです。

 そもそも、私は小学生の頃なんて、作文なんて大嫌いでした。原稿用紙を配られて、テーマを与えられても何て書いていいのやら、さっぱり鉛筆が進みませんでした。隣の席のみよちゃん(仮名)なんて、もう半分くらい書いているのに、私はまだ題名と名前を書いただけ。最初の行に「ぼくは」と3文字書いたところで手が止まっていました。私は必ず「ぼくは」で書き始めていたように記憶しています。

 それがいつ頃からからでしょうか。今では紙と鉛筆ではないですが、こうして毎日のようにブログに記事をアップしているのですから、文章を書くのも苦にならなくなったようです。

 それはおそらく、中学3年の頃から日記を付け始めたことが大きな要因だったと、今振り返ればそう思いますね。それは、大学の一時期に途切れたことがあったのですが、あとは結婚前日まで続きました。もし読み返したら、何とくだらないことばかり書いていたのだろう、と情けなくなるとは思いますがね。しかし、毎日日記を付け続けたという、ある意味自信のようなものが持てて、文章を綴るということに対する拒絶反応を消し去ったことだけは確かです。

 そして、時代は進んでワープロからパソコンを使うようになり、間違いを消しゴムで消す煩わしさから解放されたことが、私にとっては大助かりです。間違っては消して、間違っては消して、とやっていましたからね。紙は汚れるし、下手すりゃ破れるし、机の上は消しゴムのカスだらけになるしね。それから、漢字が苦手な私ですから、解らずに辞書で調べなくちゃならなかった漢字もすっと出てくるなんて、昔から思えば夢以上の事ですね。最近では、意味も表示されるようになっていますから、使い方の間違いも減ったはずです。

 小学生から大学生までの間、どれだけ紙(ノート)に鉛筆やペンで文字を書いてきたでしょう。当時からパソコンがあればどれだけ楽だったか解りません。今の子たちは恵まれていますよ。まさか、上の小学生たちも作文をパソコンで書いたのではないでしょうね。

 「小学生作文コンクール」の受賞作は、こちらのサイトでも読むことができます。(http://info.yomiuri.co.jp/
 内閣総理大臣賞受賞者2名は女子児童でしたが、他の賞の受賞者も女の子が圧倒的に多いです。男の子たち! 女なんかに負けるな! 女に負けるのは大人になってからでいいぞ。――どんなに偉そうにしていても、結局はかみさんには負けるようになるんやからな。

 がんばれ、男の子!!



※ポチッとお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
人気blogランキングへ
ブログひろばへ
☆ ぜひ一票を! ☆
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あかんわー、うちの子らは。
聞いてください。
この間なんて、次男が小学校で描いてきた絵を見て、「なんじゃこりゃ!?」と首を傾げていたら、説明書きに、
「えいがむっちゃおる絵。」

・・・って!えい(魚の)は分かるけど、むっちゃおる、って!!
なんといいますか・・・カエルの子はカエルなんですね(TT)。

ぴよ
2008/12/16 20:37
>ぴよ さん
カエルの子は、オタマジャクシです!
って、そんなありきたりなツッコミはええとして、いつも思うのですが、ご次男くんは、何か別の才能があるのじゃないでしょうかねえ。
私的には、好きですけど。なかなかええセンスしてますよ。
ゲコゲコ
2008/12/16 22:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ゲコゲコおやじの
メインサイト
にもどうぞお立ち寄りを!


小学生の作文に感動 なんやかんや、そしてTigers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる