なんやかんや、そしてTigers

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙ちくりんな言葉ばかり使うでない!

<<   作成日時 : 2008/11/08 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日の続きのような話になりますが、深く考えないでおこうとしても、やはり若い人の言葉遣いには、気になることが多いです。年だと笑うなら笑え、です。おかしなものの言い方をするほうが笑いですよ。

 ちゃんとしたと言いますか、普通でいいのですが、妙な言葉を使わないところは使わない習慣を学生の頃から付けておかないと、社会に出てから恥ずかしいことになりますよ。そんな人は現にいますから。

 会社でも、ちゃんと報連相(ほうれんそう)ができない人が少なくないです。つまり報告や連絡、相談ですが、全く要点がボケてしまって、何を言いたいのか、掴みづらい事が多過ぎます。話の中に「あれが、それが、これが」と代名詞が多く、何を差しているのか解らん場合も多いです。それに、やたら擬音語を使う人がいます。「バーっとして、ドーンとやって、スーっといって」って、バシーンとしばいたろか、と思ったことがありましたね。

 私の職場で、「あと〜〜」という語句を頻繁に挟む人がいます。「そして」だとか、「それから」という接続語として使っているようなのですが、頻繁に「あと〜」を使って話を繋いでいくものだから、内容が掴みづらいし、聞いているとイライラしてくるのです。話を聞いていても、結局頭に残るのは「あと〜」という語句だけになっている時があります。いつか、その人に文章を書かせたことがありました。そしたら、そこにも「あと」、「あと」、「あと」です! なんじゃい! ってことになりましたね。どういうことかというと、その人風に上の文章を使って言い変えてみるとこうなります。

「……社会に出てから恥ずかしいことになります。あと、会社に入っても報連相ができません。あと、要点もボケてしまって、あと、掴みづらい事が多いです。あと、話の中に……」というような具合だ。昨日の「なくない」に続いて、この「あと」っていうのは何なのだ?!

 この「あと」を頻繁に使うヤツは私の近くにいるヤツだけかも知れず、特異な例を挙げてしまったが、話が聞きづらい人が若い連中に少なくない。お前が年だからだろ、と言われそうだが、若い人にとって社会の中では年上のほうが当然多いだろうし、同年代や年下に対しても、自分の話すことや書いたものを理解してもらうというのは会社や組織の中では、絶対必要なはずであり、それができなければ自分自身も不愉快な思いや歯痒い思いばかりしなければならない。

 言葉なんてものはどんどん変わって行くものだし、変わって行く中心にいるのはおそらく若い人たちだろう。しかし、最低限相手に自分の言いたいことを解りやすく伝える言葉を使う練習を積んだほうが良い。言葉を連ねて文章や話になるのだ。妙な言葉ばかり並んだ話はイライラさせられるだけだ。加えて代名詞や感嘆詞だらけの話ばかりしていては、その場は盛り上がってもあとに何も残らんぞ!

 報連相に話を戻すが、報告や連絡は5W1Hを明確にするだけで必要十分だ! それを明確にせず、余計な語句が多いものだから、「何がじゃ?」、「誰がじゃ?」、「どうしたのじゃ?」と、こっちが間寛平状態になって、同じような質問を何度も繰り返す羽目になるのだ。相談があるならいくらでも乗る(金銭以外にしてくれ)が、無駄な言葉を挟まずに要点を絞ってくれ! こっちも忙しいのだ!

 こんな話をしているから、ほら見てみろ。この文章も、最初は「です・ます」体だったのに、途中から「だ・である」体になるという妙な文章になってしまったじゃないか。まあ、偉そうなこと言っても、私のこのブログの文章だって、決して良いものだとは言えない。時に小学生の作文か、いや小学生でももうちょっとマシやろう、と自分でも恥ずかしくなることがある。しかし、ちょっとでも多くの人に見てもらいたいから、ない頭を捻って、捻って、180度捻って、ついには360度一回りのエクソシスト状態になりながら、解りやすい、おもしろい文章をと努めている。その結果、逆に解りにくく面白くない文章になっている場合もありそうだが、少なくとも言葉を選んだり、いろいろと自分では努力しているつもりだ。……努力が足らないと言われるかも知れんが?

 若い人にはもっと本を読んで欲しい。新聞のコラムなどでもいい。誰かのブログでもいい(できればアクセスアップのために、毎日私のブログを。なんちゃって)。ともかく、ひとの書いたものを読め。そうすりゃ、自分が恥ずかしい言葉遣いをしていると気が付くこともあるってなもんだ。

 もう少しでいいから、解りやすい話し方、解りやすい文章を心掛けて欲しい。そうすれば、コミュニケーションも良くなるはず。コミュニケーションが良くなれば、他人を傷つけることも少なくなる。例えばメールやどこやらの掲示板での誹謗中傷も少なくなるだろう。……そうはならないかな? いや、なると思うがねえ。

 うーん、話が飛んでしまって、何を言いたかったのかよく解らない文章になってしまった。私自身もっと勉強しなくちゃね。m(__)m



※ポチッとお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
人気blogランキングへ
ブログひろばへ
☆ ぜひ一票を! ☆
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ぬうぅ〜、なぁるほど!
おやじさま方は こういうところが気になるのですねぇ。
ってうちも実は気になることが・・・・。
幼稚園で、ある若い先生が話されるときに、「えっとぉ〜、」って 必ず言葉の前につけるんですよ。
確かにお若いのですが、先生が「えっとぉ〜」は ないじゃろうが!!!

妙ちくりんな言葉ばかり使うでない!

・・・と すっかりおやじ口調の私なのでした^^;
(この言い回し、結構好きですけど)
ぴよ
2008/11/09 22:38
>ぴよ さん
あら、お気に召しました?
ならば、幼稚園の先生に、「えっとぉ〜」と子供みたいな言葉ばかり使うでない、と言っておやり!
ゲコゲコ
2008/11/10 09:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ゲコゲコおやじの
メインサイト
にもどうぞお立ち寄りを!


妙ちくりんな言葉ばかり使うでない! なんやかんや、そしてTigers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる