なんやかんや、そしてTigers

アクセスカウンタ

zoom RSS 時計を気にしてる

<<   作成日時 : 2008/03/14 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日・今日は会社のイベントが東京であり、偉いさん方を始め主だったメンバーが東京へ行って留守。私は主立ったメンバーに入っていないのでいつも通りに仕事していました。

 いつもがやがやとうるさい職場は、まるで無観客の甲子園のスタンドのように静かでした。雑音がないと仕事が捗る捗る。それでなくてもたいしたほど仕事していない私は、早々に今日の仕事は片付き、時間を持て余していました。

 もう今日は早退してやろうかとも思いましたが、何か急用があって東京から電話があると、「あいつ、誰もいないからさっさと帰ってしまいやがった」なんて思われても何だから、最後までいました。

 何もすることがないと、経つのが遅いのが時間。まだこんな時間か、終業時刻まであと何時間と何分か、と時計ばかり気にしていました。こんなことなら、今週初めから仕事を残しておけば良かったです。溜めるほどの仕事は私にはありませんがね。

 終業時刻になるのを待ちかねていたかのように、その時刻になるとさっさとタイムカードを押して会社を出ました。

 いつもは駅に着くと丁度電車が来るのですが、今日はいつもより早めに駅に着いたので、少し時間がありました。プラットホームのベンチに腰掛けて電車を待っていた時、隣に座っていたおじさんに突然、「今何時ですか?」と尋ねられました。こんなところで時間を聞くなんてヘンな人です。すぐ傍の時刻表の横に大きな時計があるのです。私はあごでそちらを差して、「5時50分ですよ」と言ってやりました。

 おじさんは、時計があったことに気付いて頷いていましたが、その後も何度も時計をちらちらと見ていました。電車はあと数分で来ます。何を気にしているのかわかりませんでした。

 電車を待つ横で、おじさんは時計を気にしてました。季節外れの雪の代わりに、ごく普通の雨が降っていました。当たり前ですが、私は「これが最後ね」とさみしそうにつぶやきもしませんでした。

 家に着くまでの間中、ずっとあのメロディーが私の頭の中に流れていた今日の出来事でした。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
人気blogランキングへ
ブログひろばへ

もうひとりのイルカ物語 なごり雪の季節に旅立っていった夫へ
もうひとりのイルカ物語 なごり雪の季節に旅立っていった夫へ
☆ ぜひ一票を! ☆
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ゲコゲコおやじの
メインサイト
にもどうぞお立ち寄りを!


TweetsWind
時計を気にしてる なんやかんや、そしてTigers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる