(訃報)星野仙一さんがお亡くなりに・・・

 今朝、テレビで知りました。「ウソ!」と思わず口から漏れました。あまりに突然でショックです。昨年12月に野球殿堂入りの祝賀パーティーの模様を同じくテレビで拝見して、多くのプロ野球選手や関係者に囲まれて元気そうでしたのに。

 星野仙一さんは、元中日ドラゴンズのエースピッチャー、そして監督でした。あの頃は敵でしたし、何度も阪神タイガースがやられてしまい口惜しい思いもしていました。それが2002年にタイガースの監督に就任されて、大丈夫かなという思いのほうが強かったのですが、2003年の18年ぶりのリーグ優勝で感動を戴きました。優勝が決まるその日の試合で赤星がさよならヒットを打って、星野さんが赤星を抱きかかえたシーンは今でも忘れることはできません。FAで金本現監督をタイガースに呼び込み、チームを意識から大きく変えてくれました。

 その後楽天イーグルスの監督になられて、田中将大投手を擁してドラゴンズ、タイガース時代では為し得なかった悲願の日本一にもなりました。星野さんが亡くなられたことは、プロ野球界においても損失ではと思いますね。まだまだプロ野球界の改革と発展のためにやって欲しいことがあったはずです。タイガースファンとしてはもう一度タイガースの監督をしてもらいたかった思いもあります。

 1900年代終盤はいわゆる暗黒時代のタイガースに、野村克也氏が種を蒔き、それを見事に花咲かせたのは星野さんだったと思います。その後、岡田彰布氏があのJFKで実を実らせてくれました。その後に真弓明伸氏が実をもぎ取ってしまい、和田豊氏がその実で料理するも、ちっともスパイスを効かせることができず、今金本監督が畑を耕すところからやり直している状況かな。星野さんが変えてくれたタイガースを潰してしまってはいけません。

 星野さんがタイガースに呼んでくれた金本監督の元、「勝ちたいんんや」精神でタイガースの優勝を天国の星野さんに報告しなければなりません。球団、首脳陣、選手一同、その思い出今季は頑張ってもらえることを切に望みます。

 星野仙一さん、数々の感動をありがとうございました。天国でタイガースを、プロ野球を見守っていて下さい。心よりご冥福をお祈りいたします。合掌。



"(訃報)星野仙一さんがお亡くなりに・・・" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント