西武の本拠地球場の名称が変わる

 西武ライオンズの本拠地は西武ドームと呼ばれているが、正式には「西武プリンスドーム」と言うらしい。知らなかったです。WEBのニュース記事によると、それがまた変わるそうな。

 ライオンズと同グループのプリンスホテルのネーミングライツ契約が切れるこの3月から、メットライフ生命保険という企業が本拠地球場のネーミングライツの契約を結び、球場名を「メットライフドーム」にすると発表されたとのこと。

 だいぶ前にもこのブログで言ったことがありましたが、日本の球場の名称はコロコロ変わり過ぎじゃないでしょうかねえ。西武ドームにしても、これまで「インボイスSEIBUドーム」(2005〜2006年)と呼ばれたり、「グッドウィルドーム」(2007年)と呼ばれたり、短期間に変わって来た課程があります。

 アメリカでは、例えばシアトル・マリナーズの本拠地の球場「セーフコ・フィールド」もこのネーミングライツらしいのですが(何の会社名かは知りませんが)、アメリカの場合は20年~30年のネーミングライツ契約年数があり、長くその名前で呼ばれることが多く、ずっとその名前だったのだと思ってしまうほどです。日本のように1・2年から5年くらいの契約年数で、コロコロ変わるととまどいますよね。

 阪神タイガースの本拠地甲子園球場(正式名は「阪神甲子園球場」です)は、ずっと“甲子園”でいて下さいね。聖地ですからね。数年単位でコロコロ変わられたら、高校球児もどこを目指して野球やっているか解らなくなりますからね。球場名が変わると球団歌の3番の歌詞も変えなくちゃならなくなりますしね。六甲山系から吹き下ろす風“六甲颪”も戸惑いますよ。


"西武の本拠地球場の名称が変わる" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント