今成がサヨナラ打!

 1点ビハインドで迎えた9回裏、ゴメス、マートンの安打などで1死満塁の好機をつくると、今成に2点適時打が飛び出し、試合を決めた。(対DeNA 17回戦 甲子園 4対3でサヨナラ勝利)

 初回に先発メッセンジャーがグリエルにタイムリーを打たれ、その後も満塁から連続押し出し四球で都合3点献上。メッセンジャーで勝てんかったら、誰で勝つねん。という立ち上がりやった。

 打つほうも元タイガースの久保に対して5回までヒット1本。これはまた今日もアカンわとテレビ中継を見ているのもイヤになってきた6回。梅野の内野安打をきっかけに、上本が2塁打。代打新井貴の内野ゴロの間にようやく1点返した。その後の鳥谷のヒットで1点差まで迫ったのが、結果的に良かったか。

 メッセンジャーも2回以降は本来のピッチングに戻り、8回まで12三振を奪う力投で味方の援護を待った。

 そして9回裏。1死からゴメスがレフト前ヒットで出塁すると、マートンもレフト線への2塁打で2、3塁。勝負していたらどうなっていたか解らん福留を敬遠してくれて満塁のチャンス。次打者今成は、ここまで3三振。

 昔野村克也氏が言っていたことを思い出した。その日3打数3安打と当たっているが打率2割程度の打者と、その日全くヒットが出ていない打率3割前後の打者と、勝負所でどちらとの勝負を選ぶかと言われれば、3安打の2割打者と勝負を選択するとブツブツといつもの調子で言っていた。

 その野村の考えから行くと、中畑監督は福留との勝負を選ぶべきやったかも。福留も今日はさっぱり(いつも通り?)やったから、バットに当てることの上手い今成と勝負してくれてありがとう、ということやね。

 今成はこのチャンス真ん中の甘い球をレフト前にはじき返し、2者が生還して逆転サヨナラ! 中畑監督が二人目はホームでアウトだと猛抗議で退場になるおまけ付きやった。でも、あれはセーフやったやろう。審判に文句言うたらアカンで。ま、初回に際どいところをボールと判定されてメッセンジャーも文句言いたそうにしていたけどね。審判も逆ギレしたような顔しとったけど、それもアカンわな。

 ともかく勝ちは勝ち。今は形なんかどうでもええ。勝てばええと思う。まあ、どうせ点取るなら、もっと早いうちから取って欲しいとは思うけどね。(^_^)




"今成がサヨナラ打!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント