あれから15年

 阪神淡路大震災から明日で15年目ということで、テレビなどでは特集番組にドラマが目白押し。ニュースでも、その話題ばかりです。

 私は大阪に住んでいるので、直接的な被害はなかったですが、あの時は大きな揺れに飛び起きた口です。私のほうは、被害と言えば食器が数個割れたくらいで済みましたが、大勢の方が突然の災害に巻き込まれてしまった訳で、その痛ましさは筆舌に尽くし難いです。

 私も、もう15年も経ったのかという思いがしますが、被災された方々にとっては、それはもう昨日の出来事のようでしょう。

 あの頃は、まだインターネットもそんなに普及はしていなかったですが、震災後、インターネットで情報を流し続けた人のことをテレビで放送されていました。早くパソコンを買って、自分もインターネットなるものをしたいと思った切っ掛けのひとつでした。

 つい先日も、ハイチで大地震があり、大きな被害が出ているとのこと。この地球上に住んでいる限り、地震に襲われることは避けられないことなのでしょう。備えあれば憂いなしなんて言いますが、どんな備えでも限界があります。時にその限界を超えた災害が起きればひとたまりもありません。

 だからと言って、諦めて何もしないということではありませんが、私の場合、なかなか災害に対する備えを怠らないというまでには至っていないのが現状です。テレビを始め報道でその恐ろしさ、悲惨さを知っても、身をもって体験しないと、日頃からそれに備えるということを考えないものなのですね。これではいけないとは思いますけど……。



※ポチッとお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
人気blogランキングへ
ブログひろばへ



大震災・災害 生死を分ける10項目 [DVD]
ユニバーサルミュージック

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

"あれから15年" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント