交流戦でもデイゲームでは負けまへん

<対ライオンズ 3回戦 9対8で勝ち>
 ホンマにねえ・・・。パ・リーグのチームは楽に勝たしてくれまへんなあ。2回表の糸井の先制2ランで動き出した試合。すぐに逆転されて、同点に追い付いたら、またリードされて、それでも4回表に同点に追い付いて、5回表に梅野の2ラン(今季第1号)が出て、7回表にも糸井の犠牲フライと梅野のタイムリー3塁打で、9対5と4点のリードを奪った。やっぱり打てん外国人を使うより、糸井を使うべきやね。

 4点差となれば、セ・リーグのチームなら諦めそうなもんやけど、パ・リーグの野球はしつこいわ。3点返されて1点差になってしもうた。

 って言うより、岩貞よ!! しっかり投げんかい! ルーキーの村上、2年目の及川、それから小林、馬場と必死のリレーで繋いで来たのに、あわやフイになるとこやったで。もうヒヤヒヤしたわ。8回裏の岩崎も1死1・3塁のピンチを招いてしまうし、ヒヤヒヤの連続やった。最終回のスアレスに繋ぐまでなんと長かったことか。

 終わってみれば、ラッキーみたいなもんやけれど、及川がプロ初勝利。おめでとうやね。高校時代には、奥川恭伸、佐々木朗希西純矢とともに「BIG4」と呼ばれた及川雅貴くん。これで他の3人に並んでスタートを切れました。これからやで。頑張ってね。

 今日の試合を見ていて、改めて思うたことは、皆やるべきことをしっかりやっていたから勝ったんやということやね。かろうじてであっても勝利に結びついたのはそういうことやね。隙あれば先の塁を狙うという走塁もいつも通りできてた。7回表の攻撃で1塁走者のサンズは、佐藤輝のライトへのヒットでタイミングはどうかというところでも3塁まで走ったし、糸井の犠牲フライで1塁走者の佐藤輝が2塁へ進んで外野手が前進守備になった。そのことで梅野の外野への飛球がタイムリー3塁打になったわけや。得点には結びつかなかったけれど、今日は中野も送りバントを見事に決めた。これは、監督、コーチの教育が行き届いて来たということやろう。

 就任して間もないある時に矢野監督は、「選手自ら考えてプレーする。できれば監督は何もしなくても済む、というのが僕の理想や」と言うとった。3年目でようやくそれに近い形のチーム作りができて来たということか。まだまだというところもあるけれど、一丸となって戦うチームになって来た。

 パ・リーグも恐るるに足らずや。頑張れタイガース!


"交流戦でもデイゲームでは負けまへん" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント