便利なようで、そうでもなかったりして・・・

 長年生きていると色んなことが知識として蓄積されて来る。やはりそれは若い人より多いのが当たり前だ。ただ私の場合は、役に立つ知識の蓄積は少なく、どうでもいいことと言うか、いわゆる雑学ばかりなのだ。それが役に立つ唯一がテレビのクイズ番組を見ている時だ。以前子供と一緒に番組を見ていて、私が番組の回答者より先に答えると、「おとうさん、すごいな。何でも知っているなあ」と感心され、父親として鼻高々だったりした。(笑)

 ただ、知っている事柄は限られていて、知っていることだけ答えて、知らない問題が出た時は知らん顔していただけなのだ。子供たちはそんな父親のずるさには気が付いていなかっただけだろう。(^_^)ゞ

 興味のある歴史や科学に関することは正解率も高いと思うが、特に花の名前については、ほとんど知らない。チューリップや桜くらいは分かるが、その詳しい品種については全く知らない。

 下の写真は、いつも一回りする公園の片隅に咲いていた花。当然ながら、名前は知らない。
20120301.jpg
20120302.jpg
 こんな時に役立つのは、スマホに入っている“Google レンズ”というアプリである。このアプリを起動して、花の写真を撮る。すると自動で画像検索されて花の名前が分かるのだ。

 今朝も散歩途中にこれらの花を写して試してみた。すぐに何種類かの花の写真が名前と共に検索された。ところが、である。確かによく似た花が並んでいたが、どれもこれも微妙に違うようだった。

 上段の花などは、カーネーションまで結果にあった。どう見てもカーネーションではないだろう。それくらいは私でも分かる。馬鹿にするな、って感じだ。下段の写真の花も同様に全く「これだ」というものは出て来なかった。結果、これらの花の正式名称は分からず仕舞いだ。

 スマホを持ち歩いていれば、便利になったと思うことも多いが、上の例のようにそうでもないことも少なくない。あまりに頼り過ぎるのも考えものである。

"便利なようで、そうでもなかったりして・・・" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント