日記――小ネタ集(その14)

 ステイホームしていると運動不足になるとかで、テレビなどで「家でもできる簡単な運動」というような事を時々見た。あるいはYouTubeでスポーツ選手などが紹介していたりする。私といえば、退職後はほとんどステイホームだし、その前からもずっと運動不足なのである。今は毎日朝と夕方に散歩するくらいしかしていない。しないよりはマシという程度だ。これまでもそんな散歩途中に見た事をブログに時々アップしたことがあった。そんな人間ウオッチング的な事をいくつか「小ネタ集」としてまとめてみた。まあ、これまでもそうだったが、「小ネタ集」なんていうカテゴリーで別途まとめる必要もないのだが・・・。いつも「小ネタ」みたいなものなのだから。


■電話で男女が諍い?

 ある日の朝9時前だった。道端に止めた車の横でサラリーマン風の男女が何やら言い争っていた。何か揉めているのかと思った。素通りしようとしたが、「あれ?」と立ち止まった。チラッと横目で見るとお互い別々に携帯電話で話していたのだ。仕事上の事なのだろう、お互い異なる相手に向かって強い語調で喋っていた。何があったのか分からぬが、もう少し穏やかに話すべきだ。紛らわしい。何かあったかと、通りすがりの人が気に留めてしまうではないか! (私だけか?)。


■おなかすいた~!

 昨日の夕方6時前のこと。小学3、4年生くらいの男の子がひとり自転車で走って来て、「おなかすいた~!」と大きな声で走り去って行った。学校が休みで、お腹が空くまで遊んでいたのかな? 来週からボチボチ学校も始まるらしいから、頑張ってね。


■気を付けないと

 今日の夕方、あるアパートの前に差し掛かった時、中学生くらいの男の子が、「○※△#¥◇&×%◎▽!!」と何やら怒鳴りながらエラい勢いで玄関から出て来て、力任せにドアをバーンと閉めていた。そして次に男の子は飛び上がり両足でドアを蹴った。いわゆる跳び蹴りである。

 と、次の瞬間、ドーンと仰向けに玄関先に転げ落ちてしまったのだ。すぐに起き上がったが、どうも背中をしこたま打ったのだろう。片手で背中を押さえて顔をしかめていた。

 私は見て見ぬ振りして通り過ぎたが、あとで可笑しさが込み上げて来た。よほど腹が立つことを言われたのだろうが、跳び蹴りなどはプロレスのリンクの上でやるように。


■気を付けないと(その2)

 10日くらい前だったか。その日は午後から雨模様だった。今日は散歩はやめておこうかと思っていたが、夕方には雨が上がった。一応傘を持って家を出た。

 近所の公園まで差し掛かった時、また雨が降り出した。公園の中には入らず、周りの歩道を歩いていた。公園の端まで来るとその歩道が途切れていた。私はボーッと歩いていたのだろう。歩道が途切れたところに鉄板が敷かれているのに気が付かなかった。しかもその鉄板は僅かに傾斜していたのだ。

 雨で濡れた傾斜した鉄板だ。ものの見事に足を滑らせた。傘をさしていてバランスも取りづらかった。尻餅を付いてしまった。雨のせい(いや年のせいか?)で滑ったが、雨で良かったのかも知れぬ。誰かに見られたかと思ったが、幸いにも公園内にも道路にも人はいなかった。ただお尻が痛かったのと、ズボンがびっしょり濡れてしまったのには閉口した。――あまり人のことを笑えない自分だった。



"日記――小ネタ集(その14)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント