CSファイナル初戦を落とす

 先発の望月くん、1回裏、2回裏と失点を重ねてしもうた。1回裏先頭の亀井に四球を与えるも、2番坂本を併殺に打ち取りホッとしたのか、丸、岡本に連続ホームランを打たれてしまう。2回裏には、1塁、2塁にランナーを出しながらも2死まで行ったのに、亀井、坂本に連打を浴びて3失点。いずれも2死からともったいない点の取られ方やった。

 2回まででマウンドを降りた後、岩貞、能見、守屋と繋いで無失点やっただけにホンマにもったいなかった。ファーストステージでは1対7から逆転したタイガースやったけど、打線は7回途中まで山口を打ち崩されへんかった。得点したのは、4回表に山口のワイルドピッチで、9回表にデラロサが満塁から押し出し四球、それぞれ1点ずつ貰うただけ。先発投手が崩れて、相手のミスでないと点が入らない、ある意味タイガースらしい負け方やった。

 思い起こせば2014年。CSファーストステージを勝ち上がって、東京ドームでGと臨んだファイナルステージ。藤浪、岩田、メッセンジャー、能見と先発して4連勝で日本シリーズに進出した。あの時をもう一度と期待していたんやけど、早くも初戦に敗れてしもうた。

 やっぱり先発投手が不足か、力不足が問題やね。あの2014年の4人の先発投手の内残っているのは能見だけ。それも今やリリーフ専門。来季は先発投手の充実を図らねばね。――おいおい、。藤浪はまだおるやないかい。ってか? でもなあ……。


"CSファイナル初戦を落とす" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント