6点差を追い付く執念のドロー

<対ジャイアンツ 18回戦 6対6引き分け>
 先発の秋山は、前の登板に続いて彼らしくないピッチングで1回に3失点。すると矢野監督は、3回表に秋山から藤浪にスイッチ。さすがに今日は諦めたのかと思われるような投手交代やった。

 その藤浪は3回、4回となんとか無失点で凌ぐも、5回表にレフトサンズのファインプレーがあったにもかかわらず、岡本に3ランを打たれてしまい、0対6に。これで、藤浪の今季の登板は無いかも知れないし、もう出さんでええわい、と腹が立って来た。

 しかし、6回裏の中野の3塁打からこちらにゲームの流れが向いて来た。サンズの内野ゴロを相手がエラーで1点。1死満塁で代打原口が2点目のタイムリー。梅野の内野ゴロでもう1点入って、ロハス・ジュニアがタイムリーで2点差になった。

 こうなったら一昨日・昨日に続いて、今日も逆転や、という機運が高まる。7回裏に糸原の内野ゴロの間に1点。2死1塁で代打糸井が、やってくれました左中間を破る同点タイムリー2塁打。

 8回表は岩崎、9回表はスアレスがなんなく3人ずつで片付けての9回裏。向こうのマウンドは昨日ビエ~ンと涙を流したビエイラ。こちらは昨日と同じく糸原からの攻撃。しかし、糸原は三振。それでも大山がレフトへの2塁打を放つ。あと何ミリかボールの下を叩いていたら二夜連続の、となったところやったやろうけど、そう毎日うまくは行かへん。

 それでも2死満塁まで攻め立てて、打席には好調近本。3塁側ベンチの中で原監督は怖い瞬間を見たくないと両手で顔を覆っていたに違いない、とはワシの妄想やけど・・・。ええ当たりやったんやけど、近本はセンターライナーでゲームセット。

 勝負の綾が少しでもずれていたら、この3連戦は3連敗していたかも知れんというところで、2勝1分け。特に今日なんか、完全に負け試合やったところからの引き分けやったんやから、これはもう大満足ですな。相手にしてみれば、3タテできたかも知れんというところやったから、これはもう大ショックやったろう。このショックから立ち直れずに、もうGはズルズルと落ちて行くに違いないですな。・・・ま、これはワシの勝手な憶測ですがね。

 いやいや、調子に乗ってたらアカン。次の燕さんもやっかいな相手ですからね。気持ちを引き締めんとね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント