9回裏2死から劇的逆転さよなら!

<対ベイスターズ 13回戦 4対3で勝ち>
 今日は午後雨が降ったりやんだりやった。さすが雨柳さんが先発の日やなあ。ひょっとしたら試合はないかも、というところで夕方にはすっかり雨もやんで、無事に試合は行われた。

 しかし、今日もなかなか得点できないうちに、青柳さんは3回表に無死満塁から1点先制される。まあ、1点で終わって良かった。1点くらいならなんとかなるやろうと思うていたんやけど、相手より多いヒットが出るも得点できず。青柳さんも、とうとう7回に2点取られて0対3に。

 前回の対戦ではベイスターズに3連敗している。今日も無得点のまま試合が進み、とうとうベイさんにも勝てんようになってしもうたんか、と嘆いていた9回裏。回の先頭打者は、なんでこいつがスタメンやねん、と納得できんロハス・ジュニア佐藤輝を休ませるなら、糸井を使えばええのにと文句たらたら。打てる感じがしない打者は、案の定2塁ゴロで1アウト。

 7番梅野は、今日3本目となるヒットで出塁するも、8番中野がライトフライで2アウト。アカン。今日も負けやでと、もうテレビを切ろうかとしたんやけれど、代打に佐藤輝が出て来たから、手にしたテレビのリモコンを置き直した。負け試合でも見たくなる選手なのですな。

 しかし、ここで例えホームランを打っても1点届かない。しかも、1-2と追い込まれて、三振の色が濃くなって来た。でも・・・。しかし・・・。ところが・・・。さあ、ここからは、映像はないので文字だけで申し訳ないですが、以下の通りでした。

投手及川に代わって佐藤輝 センターへのヒットを放つ 1、3塁に。
1番 近本 2死1、3塁で、1-2からレフトへのタイムリーヒット。1対3に。
2番 糸原 健斗 2死1、2塁で、2-0からセンターへのタイムリーヒット。2対3に。
3番 マルテ 2死1、3塁で、1-2からセンターへのタイムリーヒットで3対3の同点!
4番 大山 2死1、3塁で、初球をセンターへのタイムリーヒット。 4対3でさよなら勝利!!!!

 4番に戻ったとたん打てなくなったような大山。今日も最後まで無安打やった。しかし、やっぱりあんたが虎の四番打者やで。いやあ、今日は最後の最後でスカッとさせてくれましたわ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント