シーソーゲームでも最後に笑うのは虎なのさ

<対ベイスターズ 6回戦 7対5で勝ち>
 2回裏に佐藤輝のいつもながら惚れ惚れするような右中間への2ランで始まった試合。その後一旦は逆転されるも再逆転。さらに逆転されるも同点からサンズの2ランでリード。勝利の方程式はいつになくフラフラしたが、どうにかこうにか勝ちきった。

 ベイスターズさんから見てみると、ピンチでも抑えられそうなのにバッテリーにミスが出て失点する。打ち取った内野フライを捕りそこねる。無理な走塁でアウトになりチャンスを逃す。相手の勝利の方程式を攻めるも結局は攻めきれない。大事な場面で相手には見事に送りバントを決められてしまう。簡単に外野の頭を越されてしまう。なんだか、我がタイガースもこんな試合を何度も見せられて来たことを思い出してしまった。ベイスターズさんには悪いが、弱いチームというのはこんなもんですなあ。

 改めて思うに、どちらに流れが行くのか見当の付かない試合でも最後には勝ちきってしまうというのが強いチームなのですな。もう過去のような情けないチームではなく、試合に勝つためには自分たちが何をするのか分かっていて、それを実行できて、誰かのミスを誰かがカバーすることができる。チーム一丸となって戦っている。ホンマにええチームになったわ。ファンとしては喜ばしいことですわ。勝ったり負けたり一喜一憂はするけれど、今の状態をずっと続けられれば、秋には最高の結果が出るやろう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント