うちのかみさんがね・・・

 「うちのかみさんがね」というのは、コロンボの口癖というか、犯人を追い詰める時に使う常套句のようなものだ。コロンボというのは、1970年代に日本でもヒットした米テレビドラマのピーター・フォーク主演の『刑事コロンボ(原題;COLUMBO)』の主人公である。最近NHK・BSでも再放送されている。

 最初放送された当時、高校生だった私は毎週楽しみにしていた。学校で友達と話す時に、もちろん独身であったが、「うちのかみさんがね」と、その口癖を真似ていたものだ。このブログでもその言い回しを使ったことが何度かある。後々考えて見れば、あれはNHKの放送時に吹き替え(確か小池朝雄さんだったと記憶している)で独特の台詞回しで喋っていたものであり、元は単に「my wife」とだけ言っていたに過ぎないと思う。当時は二カ国語放送なんて無かったから(あったかな? 少なくとも我が家のテレビでは受信できなかった)、ピーター・フォークがどんな話し方だったのか知らない。今度、今NHK・BSで放送されているもので確認してみよう。
<下の絵;その昔、何かで見たイラストを思い出しながら描いてみました>20101001.jpg

 いやいや、今日はコロンボの話をするつもりではなかった。うちのかみさん、すなわち我が女房の話である。

 うちのかみさんは、元々天然なところがあり、最近はその天然ぶりをさらに発揮してくれて、大いに笑わせてくれる。

 以前、月のクレーターのことを「クーデター」と言ったことがあったことや、メジャーに行ったダルビッシュ有のことを「ダビルッシュ」と、余計に舌を噛みそうに呼んだことをお話したことがあった。

 一昨日もお風呂から上がって来て、頭を洗っている時に背中をトントンと誰かにつつかれたと言っていた。「きっとあれはウィスパーに違いない」と喚いていた。おそらく「キャスパー」だと言いたかったのだろうが、私は「さらさらやったか?」と突っ込んでおいた。

 そんなうちのかみさんだが、今朝、雨が止んでから、「ちょっと買い物に行ってくるわ」と言うので、私が「ああ」と生返事を返していたが、なかなか家を出る気配がない。台所へ行って何やらしているようだったので、片付けてから出掛けるのかと思っていたら、しばらくして二階へ上がって、また何やらしている様子。かれこれ小一時間経ってから、「ちょっと買い物に行ってくるわ」と再び私に声を掛けて出掛けて行った。

 そんなことは今日だけではない。最近度々あるのだ。私にしてみれば、家のことが片付いてから、家を出る直前に私に声を掛けてくれればいいだけの話だ。

 しかし、私は「出掛ける直前に声を掛けてくれればいいからね」と、うちのかみさんに文句を言ったことはない。そんなこと言ったが最後、「主婦は色々とやることがあるねん! あんたはボケーッとテレビの前に座っているだけやから、分からんやろうけどな! ちょっとでも家のこと、手伝うてくれたことある?! この前も・・・」と、ひとこと言っただけでその10倍返しとばかりに小言を言われて、またもや出掛けるのが遅れるだけなのだ。触らぬかみさんに祟りなし、なのである。

<下は、近所のドラッグストアの横に貼ってあった化粧品のポスター。さすが綺麗な人ばかりだ。うちのかみさん、こんな綺麗やったら良かったのになあ。・・・あ! また怖い顔されるかも>
20101002.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

はろ(旧ぴよ)
2020年10月15日 15:57
わー♪ゲコゲコさんのイラストだぁ!
久しぶりですね~^^

えーと、うちから見ましたらば、
ご夫婦のやり取りが
夫婦漫才みたいで面白いデス♪
ゲコゲコ
2020年10月17日 23:13
>はろ さん
夫婦漫才ですかぁ・・・。そうかも知れませんね。(^o^)