未だ東京ドームで勝てず

 昨日、試合途中で退いたGの岡本は軽い腰痛、坂本が体調不良ということらしいが、ホンマのところはどうなんやろう? 今日はそのふたりを欠いたスタメンやったけど、1番から9番まで全員左打者を揃えて来た監督。アンダースローの青柳さん攻略を見込んでのことやろうが、岡本・坂本の欠場も監督の作戦やったのではないやろうか。まさに余裕を見せつけられた感じやった

 時に思い切ったことをやってくる監督。さすがGの史上最高の勝利数を挙げた監督や。こういうことは、こっちがやらんとアカン状況やないか。

 しかも、今日も下位打線が活躍しよる。日頃出番の少ない選手が活躍しよる。なんとGは選手層もこちらとは比べものにならん。

 矢野監督も思いきった選手起用をしたいのかも知れん。しかし、レギュラー陣と控えの差に開きがある過ぎる。そもそもレギュラー陣でさえたいしたことはない。そのたいしたことのないレギュラー陣と控えに差があるということは、控え選手はますますたいしたことのない選手ばかりということか?

 作戦面でも差があった。1回表に先頭の近本がヒットで出塁しても走らず、3番糸原で併殺で無得点に終わってしもうた。それに対して1回裏に先頭打者が四球で出塁すると、果敢に盗塁してきた。ここは得点にはならへんかったが、こういうところで投げている投手としては、1回からイヤな感じやなあ、と思うはずなのでは。

 Gは各々が自分のやるべきことをしっかりとできているように見えた。甘いボールを確実に捕らえるし、守りでも良いプレーが出る。片やこちらはどうやろう? 最終回1点差に詰め寄る2ランホームランを大山が打ったけど、あそこではホームランは要らんかった。軽打で繋ぐバッティングでも良かった。四球のサンズに代走を送らんかったベンチも疑問やった。例えばランナー1・3塁となる攻撃を続けて、相手にプレッシャーを与え続ける攻撃をして欲しかった。逆転のホームランなら良いが、ホームランで1点差になったところで、攻撃は途切れてしまい、また一から攻撃をやり直さなければならない。

 それに対して、同じ最終回。相手は抑え投手のデラロサが少しでも調子良くないと見るや、マウンドから下げて中川を出して来た。確実に勝ちに来たということやろう。例えば同じような状況になったとき、タイガースなら抑えの投手を交代させるやろうか? 何とか1点差を守り抜いてくれと続投させて、結果逆転されるのがオチや。

 いやいや、もう今となっては細かいこと言うててもどうにもならん。この差は今に始まったことでもないし、タイガースタイガースの野球を続けるしかないのやろうな。

 あと1点まで追い上げたのに残念やったな、なんて言うて慰めあってんちゃうやろうな? この1点差は1000点以上の差があるで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント