音楽を聴きながら

 いつも部屋でパソコンで作業(作業ってほどでもないが)している時や本を読んでいる時に、音楽を聴きながら、が多い。今、パソコンの中にMP3形式で多くの音楽が保存されている。それを外付けのスピーカーから流している。

 先ほどパソコンのミュージックフォルダの中身を覗いてみたら約600曲あった。ビートルズの全アルバムの全曲。カーペンターズが20曲弱。ポールモーリアが30曲。1960~80年代のポップス類が50曲ほど。映画音楽(洋画)のテーマ曲が約40曲。子供の頃のテレビ漫画等の歌が30数曲。学生時代によく聴いていた(あるいは歌っていた)70年代中心のフォークソングも30数曲。キャンディーズやピンクレディーの曲が少々。クラッシックが16曲。その他諸々。ないのは演歌とジャズくらいか。

 パソコンを触るようになってしばらくしてから、CDから音楽を取り込めることを知り(始めはそんなことできるとは知らなかった)、友人からCDを借りて、またはレンタルショップや図書館で借りたCDからパソコンに取り込んでいた。最近はネットからダウンロードしたものもある。

 CD等からパソコンに取り込むのは、ひょっとしたら違法かも知れぬが、個人的な楽しみに限っているので、大目に見て戴きたい。もし何らかの捜査の手が入りそうになったら、どこかの政治家のようにパソコンから削除して、隠滅してしまおう。

 それにしても古い曲ばかりで随分オジンだなあ、と思われても仕方ないが、私だって新しい楽曲も時には聴くのだ。比較的新しいものでは、AKB48の「365日の紙飛行機」、スピッツの「優しいあの子」、Superflyの「フレア」、GReeeeNの「星影のエール」がある。
――なんだ? 朝ドラのテーマ曲ばかりじゃねえか!

 いや、そんなこともない。『麒麟がくる』のオープリング曲だってあるのだ! やっぱりNHKか。いや、他にもミスパンダのドラマで使われていた「Bad guy」もあるぞ。これもテレビ番組で耳にした曲だったか。いやいや、乃木坂46の歌もあった(1曲だけやけど)。

 どこかで耳にして、「これ、ええなあ」と思ったり印象に残ったものを集めている。藤川球児の登板の時に流れるリンドバーグの曲を聴いていると涙もんだ(虎ファンだからかな)。涙ものと言えば、先般のゴールデン・ウイーク(いやホームステイ・ウイークか?)期間中に再放送されていた『JIN―仁』のオープリング曲(やっぱりテレビ?)を聴いていると、いつも目頭が熱くなってくるのは私だけだろうか?

 いちおうジャンル別にパソコンの各フォルダに分けているが、ジャンルを問わず、いいものはいい。ともかく音楽はいい。元気が出るし、懐かしい頃を思い出して一時を過ごすなんてこともある。何かしながら聞いていることが多いが、聞き入ってしまったり、曲に合わせて歌ったりしてしまい、手が止まってしまう時もある。「パプリカ」がスピーカーから流れてくると、思わず踊り出したりしているのだ。
――幼稚園児か! (^_^;)\(^。^。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント