道路によく落ちている物

 むかしむかしあるところに・・・、っておとぎ話を始めるつもりではなかった。昭和の時代の話だ。私が小学生の頃、道路によく軍手が落ちていた。それも道の真ん中辺りに。中には暑い日で柔らかくなったアスファルトの道路で、車のタイヤに引かれ続けたのだろう、道路にめり込むように張り付いているのを見た事もあった。

 小学校の昼休みか放課後か覚えていないが、ある時仲の良かった同級生に「よく道に軍手が落ちていることがあるよなあ」と言ったことがある。同級生は即座に「おお、あるある。何でやろうなあ」と返して来た。横でやり取りを聞いていた別の同級生が、「ああ、ぼくも時々見るわ」と言い、その内、クラス中でその話題で盛り上がった。おそらく皆気が付いていたのに、誰も口にはしなかったのだろう。ふと口にしたことが思わず広がった感じだった。

 今日、たわいもないことでも楽しかった幼き日々を思い出していた。何故、そんな昔のことが頭をよぎったかと言うと、最近、朝夕の散歩の時にマスクが落ちているのをしばしば見かけるのだ。私は、いつもお金が落ちていないかと、うつむき加減で歩いているからよく目に付くのだろうか。

 今日もマスクが1枚落ちているのを見かけた。一般的な不織布のマスク。昨日は2枚。3日ほど前の雨の日には、雨に濡れたマスクを3度見かけた。

 一時期はマスク不足でなかなか手に入らなかったのに、余って来たらもうこういう状態なのかと良い気持ちはしない。使わなくなったからと、わざと捨てたのではないとは思う。まだ未使用だと見える物もあった。それこそお金なら拾うところだが、まさかマスクを持って帰って使う気が起きはしない。

え? 拾ったお金は使うのかい? それは犯罪だよ。・・・確かにそうだ。落とし物は交番に届けよう。わかったね。よい子のみんなはそうするのだよ。(^。-)-☆
しかし、落ちていたマスクをわざわざ交番に届ける人はいないだろう。

 いつ頃からだろう? 道路に軍手が落ちているのをとんと見なくなった。もう2、30年見かけていないかも知れない。いつも下ばかり見て歩いていないから気が付かないだけかも(え? さっき言ってたことと違うなあ)。それともあれは、やはり昭和の風物詩のひとつだったのか?(そんな大袈裟なものか) 

 昔落ちていた軍手は、おそらく道路工事作業員か運送業の人などが落として行ったものだと想像が付く。しかし、マスクを落として行くのはよく分からない。外を歩いている、自転車で走っている、あるいは車を運転している人は、ほとんど皆マスクをしている。どのような拍子でマスクを外して落としてしまうのだろう? 予備のマスクをバッグかポケットに入れていたものを落としたのかも知れぬ。一日中、そんな人が現れないか見張っていることもできないが、落とす瞬間を見つけてみたい。でないと、この謎は解けない。♪解けない謎をさらりと解いて~♪ そんな歌があったのを、またふと頭に浮かんだ。知っている人は、私と同年代のおじいさんだろう。

 道路に落ちているのを見かけるマスクだが、不思議なことに、例のアベノマスクだけは落ちているのを見た事がないのだ。おそらく使わずに、家庭で大事に大事に保管しているのだろう。使われもしないマスクホント税金の無駄使いをしてくれたものだ。


20062201.jpg
 そうそう、今は閉鎖してしまった私のホームページに挙げたことがあったが、右のようなものが道路に落ちていたことがあった。ちゃんと折りたたまれて落ちていた。これこそ不思議だった。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント