気になっていたことがスッキリした

 もう二度と気候の話はすまい。今年は暖かいなんて言ったとたんに寒くなって、風邪で鼻水が止まらなくなってしまったのだから。もし今年の夏が涼しくても、「今年は冷夏で過ごしやすい」なんて口からこぼれないようにしよう。そんなこと言ったとたんに猛暑になって熱中症で倒れてしまうかも知れぬから。

 昨日、今日と外出はしなかった。ずっと家で引きこもっていた。お陰で鼻水はずいぶん治まった。風邪をひいたということに関わらず、リタイアしてからは平日の日中に家に居ることも増えた。テレビを見るともなしに見ていることも増えた。ただ、「平日の日中のテレビって、ホンマにつまらない番組(特にワイドショー)ばかりだなあ」と思えることも増した。(個人的な感想ではある)。

 そんなテレビのワイドショーの中にあって、特にメチャ面白いというほどでもないが、時間があればチャンネルを合わせてしまう番組がある。関西ローカルだから、他地方の方はご存じないであろうが、朝10時頃からの『よーいどん』という番組である。

 実は、この番組の中で先日来ずっと気になっていることがあるのだ。番組の中で「となりの人間国宝さん」というコーナーがある。日替わりのタレントが、関西のあちらこちらの街に出掛けてふらっと立ち寄った所で商売されている方や、小さな会社を経営されている方などに興味深い話を聞き出すというような内容である。自分の住んでいる街でのロケであったり、行ったことがある所だったりすると見入ってしまうこともある。

 突然訪れた体(てい)でやっているが、おそらくアポを先に取っているのかも知れぬ。ロケ番組ではよくあることだろう。突然TVクルーが訪れてもなかなか面白い話も聞けないはずだと想像する。その辺りの本当のことを聞いてみたい気もする。

 いや、私が気になっていることはそんなことではない。そのロケのVTRが終わり、スタジオに戻った後のことである。ロケで話題になった店で購入したスイーツなどを食べながら、「今のあのおじさん、オモロいなあ」などと、出演者が喋っている時にバックで見事な口笛の曲が流れているのだ(今日は何故か流されいなかったが)。このメロディーがずっと気になっていた

 知っているメロディー。懐かしいメロディー。でもその曲名をずっと思い出せないでいた。いつも後で調べようとするのだが、番組が終わったらそんなことは忘れてしまう。そして次の日か後日にまた同じシーンで流れているメロディーを聴くと、また「あ、そうそう、この曲は何だった?」と、頑張って思い出そうとするのだが、やはり無理なのだ。年のせいか・・・。

 今日、とうとう我慢できずにネットで調べてみた。その答えが出た。検索ボックスにどんな語句を並べればいいのか迷ったが、普通に「となりの人間国宝さんの後で流れている口笛は?」と入力したら、同じような思いをしていた方も居られたようで、ヤフーの“知恵袋”というサイトで同じ質問をしている方の回答が一発で引っ掛かった。

 その曲は荒井(松任谷)由実の『やさしさに包まれたなら』だった。すっきりした。番組で流れていた口笛はその曲をカバーした、その名も“口笛太郎”さんという方のものだった。

 もっと早く調べていれば悩む必要もなかった。ま、「何だったかなあ?」となかなか思い出せないでいる時間もまた「いとをかし」という感じもするが・・・。

 それにしても、以前ならテレビ局にわざわざ電話をして尋ねるなんてことをした人も居たことだろうが、ホント便利な時代になったもんだ。


 今朝の『よーいドン』のゲストは槇原敬之だった。ということで、槇原敬之が荒井由実のカバーで歌っている『春よ、来い』を聞きながらこの記事を書いた。――なんで『やさしさに包まれたなら』ちゃうねん! \( ̄∇ ̄#)


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント