どうにかなりませんかねえ Windows 10 の大型アップデート

 昨日のオールスターゲームの記事、本来なら第2戦目の試合終了後にアップするつもりだったのですが、Windows10のアップデートの準備が整ったとのメッセージが出ていて、思わずクリックしてしまったのです。その結果、ダウンロードが始まってしまい、ネットの接続スピードがほぼ全くと言っていいほど滞ってしまったのです。

 しまった。そんなことする前にブログ記事を済ませてしまえば良かったと悔やんだのですが後の祭り。光通信環境でネットしている方はそんな影響も少ないでしょうが、私のネット接続はもはや時代遅れのADSLです。しかも初期のもので通信速度は遅いもの。早く光にすればいいのですが、なかなか踏ん切りが付かなくて……。

 今回の大型アップデートは、5月に配信され始めたものです。それが私のPCには、「まだ準備が整っていません。準備が整い次第お知らせします」というような意味のメッセージが出たままでした。まあ、あまり急いでも不具合とか出ても難儀するので、世間の様子を伺ってからでもいかと、そのまま放置してあったのです。

 前回の大型アップデートの時も、そうですねえ、ダウンロードからインストールが終了するまで4時間くらいかかったでしょうか。今回もどうせ何時間もかかるのだろうと、PCの電源は入れっぱなしにして眠りにつきました。朝起きてPCの画面を見ると、ダウンロードは終了していて、インストール待ちになっていました。さっそくインストールしました。また1時間強待たされました。

 すべて完了して、どこが変わったのかあちこちいじってみましたが、たいして大きな変化は見当たりません。じゃあ、ダウンロードからインストールまで何時間もかかるのでしょう? セキュリティに関するところとかシステム内部では大きく変わっているのでしょうが、よく解りませんです。

 以前のWindowsなら、95から98だとか、2000からXPだとか、バージョンアップする時には、お金を出してプログラムを買う必要がありました。使っているPCがバージョンアップに対応していなければ、PC自体を買い換える必要もありました。私も今で3台目です。Windows10になってから、年2回の大型アップデートが配信されますが、こちらは無料です。ただのものだし、寝ている間に終わるのだから文句を言う筋合いのものでもないですね。でも、もうちょっと何とかして欲しいです。ま、何回もアップデートしていたら、その内に今のPCも対応しなくなるのでしょうね。

 ただ、ひとつ気に入った機能がありました。それはディスプレイの文字の大きさを変えることができるようになったのです。文字の大きさを30%ほど大きくしてみました。デスクトップに貼り付けたメモ内の文字やスタートメニューの文字、エクスプローラー内のファイル名の文字が大きく見やすくなりました。年寄りにはありがたい機能です。しかもアプリ内の文字は元のままの大きさにできるので、エクセルやワードなどのレイアウトが崩れることはないです。アプリ内の文字の大きさはアプリ内で処理すればいいですしね。

 まだ十分に解っていないこともあるでしょうから、他にも便利な機能があるかも知れません。しばらく使っていれば、これは何? というようなことが出てくるでしょう。以前の大型アップデートの時もそうでしたから。でも、それぞれが解って来た時に、また次のアップデートが来るのですね。うーん、それまでに何とか光通信に変えたいなあ。(-_-)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント