やっとGに勝ってくれました

 今季7戦目にして、やっと勝ってくれました。打ち合いになってしまってはこちらに分が悪い。というより打ち合いになったら、歯が立たないであろうところを先発青柳さんが立ち上がり2点を失いながらも2回以降はなんとか抑えて、味方の反撃を待った甲斐があって今季3勝目(3敗)。今のタイガースではこれしかない、投手力で勝つ野球ができました。

 1対2と1点リードされたまま迎えたラッキーセブン(7回表)の攻撃。1死1・2塁で矢野監督が代打攻勢。上本はくそボールに手を出した三振したが、次の代打北條がつまりながらもレフト前に落ちるタイムリーで同点。1番に戻って、近本が四球を選んで満塁。このチャンスに糸原キャプテンが見事にセンター前に2点タイムリー。

 あとはジョンソン(J)、藤川(F)、ドリス(なんで最後は“K”やないねん)と完璧にG打線を抑えて、嬉しい、嬉しい勝利となりました。

 いやあ、それにしても相手先発のルーキー高橋をまた打ち崩せませんでしたね。出会い頭のマルテの一発だけ。最初の対戦(4月4日)でも、キャッチャー坂本のホームランだけに抑えられてしもうた。聞けば、高橋はこれまでホームランを打たれてもタイムリーを打たれていないとか。難儀な相手の出現ですなあ。でも、次に対戦することがあれば、次こそはボロボロにやっつけて欲しいものです。

 そんな高橋を原監督は、7回から引っ込めてくれました。なんかこれで逆転できるかもと思いましたね。選手たちもそう思ったんちゃうかな。替わって出て来たのが、昨年からGに居てたようやけど、対戦があったのかどうか記憶がない、「自動気象データ収集システム」みたいな名前の外国人投手。それはアメダスやろ! \( ̄∇ ̄#) あの投手はアダメスっていうねん。……ま、名前はともかく、彼のおかげでチャンスができて逆転に繋がったんやから、ありがたかったですわ。

 勝負は守りに入ったらあかんちゅうことですな。人の振り見て我が振り直せでっせ。矢野さん、責める気持ちを最後まで切らさずに、明日も引き締めていきましょう!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック