1・2点を争う好ゲームが終わってみれば・・・

 2対10のボロ負け。なんでこうなったのかよく解らん試合やった。

 どこで流れが変わったんやろう? 4回裏の梅野のライト前で2塁走者大山をホームに突っ込ませたのが間違いか? 8回まで西をマウンドに送ったのが悪かったんやろうか? 野間の1塁への痛烈な打球をマルテが弾いて流れが変わったんやろうか?

 投手交代なんていくつかの選択肢があるはずやったし、監督の判断というのも難しいもんやと思いますわ。

 9回2死から突然昨年までのカープ打線が復活したような勢いに飲まれてしまいましたな。明日、明後日も怖いですなあ。

 それにやっぱり甲子園では勝てまへんなあ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック