打ち合いになっても勝つ

 昨日、対G戦は打ち合いになってしまったら歯が立たん、というようなことを言うたけれど、今日は打ち合いになったのに勝ちましたね。相手のお株を奪うようなホームラン5本やもんなあ。こんな試合いつ以来やろう?

 ワシはGさんに好きな選手は居らんけれど、大嫌いな選手が3人居る(いや居てた)。最も嫌いなのは、投手の澤村や。失礼やけど、あの顔を見るとムカムカするんや。最近顔を見らんからホッとしとる。次に嫌いなのは、いや嫌いやったのはカープに行った長野。3人の内、ふたり居らんようになったから、残ったひとりが菅野や。

 今日の先発はその菅野。ええ投手やとは認めざるを得んが、いつも負けてしまうから、ホンマ癪に障るヤツ。何とか打ち負かしてくれへんもんかといつも願っている。昨年は菅野から2勝したタイガースやけど、打ち負かしたというような試合でもなかった。確か糸井のソロホームランだけで、こちらの投手が完封して勝った試合もあったと記憶している(記憶違いならすみません)。

 さてその糸井が1回表に菅野から2ランと幸先良く先制。続いてチャンスを作りマルテがタイムリー。――誰かマルテは要らんと言うてたなあ。お前や! \( ̄∇ ̄#)

 2回表にも大山、福留の連続タイムリーで2点追加。菅野からこんな先制攻撃は初めてちゃうかな。今日も戴きましたと観ていたら、こちらの岩田も調子が悪い。2回裏から1点、1点、2点と返され早くも4回裏途中で守屋にスイッチ。追い上げて来るG打線をこの守屋が止めてくれた。

 すると5回表に福留が一発ライトスタンドに放り込んだ。さらに6回表には、木浪が「よくもさっきの俺のファインプレーをリクエストで覆してくれたな」と怒りの一発かどうかは知らんけど、菅野に一発見舞ってやった。木浪はプロ入り初ホームランを菅野から甲子園で打っている。菅野キラーになるんちゃう? 頼もしいルーキーやで。
この回、木浪のあとにもチャンスを作り、糸井が犠牲フライ。そして大山が、「いつまで投げとんじゃ、早ようマウンドから降りんかい」と言うたかどうかは知らんけど、菅野にトドメの2ラン。4番大山に小学生もきっと喜んでるで(https://nlab.itmedia.co.jp/nl/amp/1905/14/news142.html)。

 7回表に梅野がソロを打って差を広げたが、7回裏に能見が丸に3ラン打たれてしまう。しかし8回表に満塁のチャンスに木浪が2点タイムリー。ホンマええルーキーや。

 8回裏にジョンソンが1点返されるも、9回裏はドリスが3人で片付けて、点は取れる時に取っとかんと東京ドームは怖いで、ということを改めて思い知らされた試合を締めた。

 あの憎き菅野から4ホーマー10得点。6連敗したチームとは思えん13得点で2連戦に連勝。気持ちええなあ。\(^^@)/
順位やゲーム差のことは、どうでもええけど、首位Gを追って2位に1ゲーム差で3チームが並んだ。1チームが首位独走なんてことになるより、やっぱり団子レースがオモロいでっせ。

この記事へのコメント

2019年05月16日 04:05
ほんと、きのうは、気持ち良かったですね。
たまには、あんなこともないとあきまへん。
えべっさんのご利益ですな。
ゲコゲコ
2019年05月17日 23:38
>雫石鉄也 さん
コメント、ありがとうございます。
今年の菅野は調子が悪いらしいですが、タイガース戦で調子を取り戻したなんて言われたくなかったですからね。
バンザイ、バンザイでした。

この記事へのトラックバック