我が家には何か居る?

 9月の中頃、ラジオが壊れかけている、という話をしたことがありました。電源のオフが効かなくて、電源を切るためには電池を取り外ししかなくなったという話でした。

 昨日の事です。いつものように出勤前にイヤホンを耳に付けて、ラジオの電池を入れました。前日は電池を抜かないとオフにならなかったから、電源ボタンはオンのままのはずなのに、音が聞こえなかったのです。ボリュームを最大にしてもシーン。

 「あれ? とうとう完全に壊れたのか」と思い、電源ボタンを再度オンにしてみると、大きな音が耳に入って来ました。試しにオフにしてみると、音は切れました。オンにしてみると電源が入って、オフにすると切れる。当たり前の状態に戻っていたのです。

 何度かオン・オフを繰り返しても平常でした。突然壊れかけのRadioになったものが突然直っていたのです。よく解りませんが嬉しかったです。今日も怖々ラジオをいじってみましたが、何にも異常はなかったです。何だか幸せな気分。本当の幸せを教えてくれました。

 上の記事の数日後にPCの調子が悪いという話もしました。しばらく、同様の状態が現れることがありましたが、今は完全に正常に戻っています。こちらも何が原因なのかよく解っていません。

 昨年の1月には、時計がとんでもなく狂っているという話もしました。その時は冗談で私の部屋には「時空のゆがみ」があるのかもなんて言いました。

 こういった一連の出来事からの想像なのですが、我が家には何か居るようです。機械にいたずらをする何かが。そうです、これはグレムリンの仕業です。1984年にスピルバーグの映画でありましたが、あれは元々は機械に悪さをする妖精のことらしいです。いや妖精というより妖怪ですよね。そんなようなヤツが我が家に居るようです。だいぶ前にも話したことがありますが、私は妖怪の存在は信じているのです。
グレムリンについては、こちらに詳しい説明があります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック