なんやかんや、そしてTigers

アクセスカウンタ

zoom RSS セミの一生

<<   作成日時 : 2018/08/18 19:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 数日前までの暑すぎる日々が嘘のような昨日、今日の天気でした。まだ日中は30℃前後の気温でしたが、それまでのことを思うと涼しいと言ってしまうようでした。もう秋かと言うのはまだ早すぎるでしょうがね。

 梅雨明けくらいからやかましく鳴いていたセミも、まだどこかで鳴いているセミがいるのかと言うくらい数は減りました。道を歩いていると、哀れなセミの死骸が転がっているのを見かけます。

 よく「セミって長い間土の中にいて、地上に出てきたら1週間しか生きられない」と聞きます。しかし、実際は地上に出てきてから1ヶ月から1ヶ月半くらいは生きているのだそうです。ま、それでも短いですね。

 セミは、土の中に卵を産むと思われている人が多いです。私も先日までそのひとりでした。ネットで見かけたのですが、セミは卵を木の幹に産み付けるのだそうです。そして、孵化した幼虫は、土を目指して木を降りて行くのだそうです。そんな姿を見たことはないですね。もっともかなり幼虫は小さくて肉眼で見えるかどうかというくらいのサイズらしいです。種類によって大きく時間が異なるということですが、セミは3年〜17年土の中で過ごすそうです。

 土の中で長い間、どうやって暮らしているのでしょうね。でも土の中にいるほうがセミにとっては幸せじゃないでしょうかね。だって地上に出て来たらもう余命約一ヶ月を宣告されたようなものですもの。

 それに、一ヶ月でも生きられたなまだマシなくらいの天敵もいっぱいです。気持ち良く飛んでいると鳥に捕まったり、木の間を通り抜けると蜘蛛の巣にとらわれたりすることもあるでしょう。さらに、もっとも怖いのは、やはり人間でしょうか。網を持った子供に狙われる毎日。詳しいことは知りませんが、セミは毒だとか、ハチのような針といった攻撃手段がないですね。セミは敵からただ逃げるだけです。こんなことなら土の中で暮らしていたほうが良かったと思うかも。

 それでもセミは子孫を残すために頑張って毎日生きているのです。朝、セミの声がうるさいなあなんて言って毛嫌いするのも可哀相ですね。

 そんなセミの季節ももうそろそろ終わりです。昨日、今日と涼しいくらいでしたが、まだ残暑に汗ばむ日も戻って来るでしょうね。本格的な秋までもう少しの辛抱でしょうか?

 空は秋のようなんですがねえ……。

画像

画像
☆ ぜひ一票を! ☆
にほんブログ村 阪神タイガースへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ゲコゲコおやじの
メインサイト
にもどうぞお立ち寄りを!


セミの一生 なんやかんや、そしてTigers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる