なんやかんや、そしてTigers

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後まで緊迫した好ゲーム

<<   作成日時 : 2018/06/16 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 岩貞と則本の踏ん張り合いのええ試合やった。タイガースが勝ったから尚更ええ試合やった。(対東北楽天 2回戦 楽天生命パーク 2対1で勝ち)

 チーム打率がリーグ最下位同士の戦いだから、お互いの相手投手が良かったら、まあこんな試合になるやろうなあ、と途中まで見ていた。しかし、お互いピンチを招いても先に点を取られるもんかと懸命に踏ん張る両軍の投手に拍手を送りたくなりましたね。

 8回表まで両軍0点。まず先にマウンドを降りたのはこちらの岩貞。8回裏に1死1・3塁になったところで桑原に交替。しかし桑原は今江(千葉にいたはずやのに、いつ仙台に来たんや? パ・リーグに疎いワシは知らんかったわ)にあんなボール打つほうが上手いというバッティングで、とうとう1点が向こうに入った。桑原は後続を断ち切ったが、この時点で、なかなか連勝せんなあ、と今日の負けを覚悟したね。

 しかし野球は怖い。1点入ったことで相手が守りに入ったのか、回の先頭打者隼太に四球をくれた。次打者鳥谷が送りバントを簡単に決める。次の中谷が2ストライクと追い込まれたが、外角の変化球を見事に右中間に打ち返して同点タイムリー2塁打。ここで梅野に代わり原口がレフト前に弾き返して1・3塁とチャンスを広げ、次の植田の代打高山が初球を叩いて三遊間へ勝ち越しタイムリー。土壇場で見事な逆転劇やった。

 9回裏は最終回が似合う藤川球児がマウンドへ。1点差でドリスだったらなんか怖いところやったけど、そのドリスは体調不良で登録抹消中。藤川は連続三振で簡単に2死を取る。ドリスが帰って来ても、もう抑えは藤川でええで金本はん。ただ“あとひとりコール”の合唱の中ふたりランナーを出してしもうて、いささか心配したが最後はキャッチャーフライに打ち取った。ドリスやったらどうなってたことか。やっぱりタイガースの抑えは藤川に限る。あと20年は抑えをやってくれ(そこまでは無理でっか?)。


 追記;試合後梨田監督が辞任を発表のニュース。今の成績では解らんでもないですが、残念です。

☆ ぜひ一票を! ☆
にほんブログ村 阪神タイガースへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ゲコゲコおやじの
メインサイト
にもどうぞお立ち寄りを!


最後まで緊迫した好ゲーム なんやかんや、そしてTigers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる