スマホに数種類の辞書アプリ

 有名テレビ通販ショップの「○○ネットた○○」で電子辞書の紹介をしているのを度々見ます。「100種類以上の辞書、辞典が入って、何とお値段は○万円以下です」と。

 まあお得ですし、以前は欲しいなあと思ったこともありましたが、今はそれほど欲しいとも思いません。何故なら、知りたいことがあればネットで調べられますものね。

 私が大学生の頃まではインターネットもなかった時代ですから、机の本棚には何種類かの辞書は必須アイテムでしたが、今の中高校生から大学生くらいなら、スマホで調べることが多いだろうし、辞書はあまり持っていないかも知れませんね。だから、テレビショッピングの紹介の中でも、インターネットに馴染みが薄い年配のご夫婦が電子辞書を使っている映像が用いられているのでしょうかね。

 私はスマホには国語辞典アプリを以前から入れています。それに加えて昨年、四字熟語辞典に慣用句辞典、さらに漢字辞典もインストールしました。実は、毎月わずかな金額でアプリ使い放題のサービスを登録していますから、そこそこの価格のアプリも一応無料で使うことができるのです。今日は「現代用語の基礎知識」なんていうアプリも入れてしまいました。あと英和辞書も入れようかなと思っています。別に辞書マニアということもないのですがね。

 で、役に立っているかと言うと、これが、その……。ちょっと微妙です。もう学生でもないですし、辞書で調べて勉強することもないですし……。国語辞典はたま~に使ったりしますが、漢字辞典なんて一昨日、「これ何て読むのか? どういう物なのか?」とメールが来て初めて調べたくらいです。娘が尋ねて来たのは「産褥」という語句でした。この後ろの「褥」が私も初めてみる字だったのです。意味も解りませんでしたので調べたのでした。

 まあ、それくらいで辞書など頻繁に使うものでもないですね。会社では一日中パソコンに向かっていますし、解らない語句などに出会ったら、わざわざスマホを取り出すこともせず、やはりブラウザを立ち上げて調べて事を済ませます。

 もう辞書など手元に置いておく時代でもないかも。解らないことがあれば、その場ですぐに調べられるツールがあります。もっと言えば、苦心惨憺して様々なことを覚えなければならない時代になって来ているのかも知れません。学校の勉強も変わって行くかも知れません。

 それにしても、次から次へとスマホに入れた辞書をどうしましょうか。もう空き容量は残り少なくなっていますし、あまり使わないかと言っても削除するのももったいないし……。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック