高山タイムリーの1点だけで負けた

 スワローズ先発のルーキー原樹理に打線は手こずって、7回にようやく高山のタイムリーで1点返しただけで負けてしもうた。(対ヤクルト 8回戦 甲子園 1対5で負け)

 やっぱり怖い燕打線。川端とか山田とかよう打ち寄る。他の選手もボール球に手を出さず、こつんこつんと当ててきよる。初回の山田のホームランにしても、決して投げた能見の球は悪いものではなかった。あれは打った山田が見事やった。

 こんな打線を一昨日岩貞がよう抑えたわ。岩貞というすごい投手が誕生したことを逆に嬉しく思う昨日、今日の敗戦やった。

 今日は最終回まで諦めん姿勢がちらっと見えただけ良かった。というより、今日は下位打線のほうが期待できたなあ。やっぱり3番4番が無安打やったら負けるわな。

 次は落ち目のジャイアンツとの2連戦。先の対戦では向こうの調子がええときに当たってしもうたから2敗1分と勝たれへんかったけど、今度はお返ししてやりましょうかね。かつて星野仙一さんが、ジャイアンツ戦はビタミン剤と言うてました。元気付けの2連勝と行きましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】ヤクルトに連敗

    Excerpt: (甲子園) ヤクルト200 000 102=5 阪  神000 000 100=1 <投手> (ヤ)原樹-秋吉-ルーキ-オンドルセク (神)能見-高橋-安藤-高宮-石崎 ○原樹2勝2敗 ●能見2勝.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2016-05-08 19:14