ナイツの漫才にハマっちゃいました

 YouTubeでナイツの漫才を見て大笑い。今週は、毎日次々とYouTubeでナイツの漫才を楽しんでいました。

 最近のテレビ番組が面白くないという話をあちらこちらで目にしたり耳にしたり。バラエティー番組も出演者たちだけが面白がっているだけで、見ているこちらはちっとも面白くないというものが多くて、私はほとんど見ていません。唯一毎週見ているのは、『探偵ナイトスクープ』くらいですかね。それとて、最近はこの程度ならわざわざ投稿して探偵に依頼することでもないやろ、とツッコミ入れるものが増えました。

 ドラマも、一頃ほど見なくなりました。年明けから始まったものでは、『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(今後の展開が気になって毎週見てしまっています)と、『DOCTORS 3 最強の名医』(高嶋政伸の演技が面白く、最初のシリーズからずっと見ています)と、『花燃ゆ』(昨年から引き継いで、今年も大河ドラマ全部見るぞとの使命感から見ています)と、それから『学校のカイダン』(娘が見ていたのを一緒に見ていて、可愛い女の子がたくさん出ているので毎週見てしまっています)くらいですかね。――結構見てるやん!(^^ゞ

 まあ、プロ野球シーズンになれば別ですが、そう何時間もテレビの前に座っていることも今はないですね。

 昔のテレビではお笑い番組も何本かあり、漫才や落語なんかもよく見ていました。最近のお笑いというと、漫才にしてもコントにしても数分で終わるようなネタしかやりませんよね。流行語大賞でも狙っているのか「あったかいんだからぁ」とか「ラッスンゴレライ」などと意味の無い言葉を連呼したり(こちらもよく見てるやん)とか、そんな一発芸というか瞬間芸で笑いを取るような感じで、内容が非常に薄いです。

 そんな中、同じくテレビでは数分のネタしか見たことがなかったナイツという漫才コンビの本格的な漫才をYouTubeで何気なく見ていて、その面白さと練られたネタに感心させられました。約20分あるものもあり、とても今のテレビ番組ではやってくれそうもない漫才を堪能しました。野球の話が最後に落語の寿限無に繋がっていく漫才なんかもう最高でした(こちらYouTubeのアドレスを保存しておけば良かったです。今日再度検索したのですが、どこへ行ってしまったのやら見つかりませんでした。すみません)。

 ナイツの実力はたいしたものです。ラッスンゴレライって私でも真似できそうですが、ナイツの漫才はちょっと素人では真似できません。以前『エンタの神様』という番組がありましたが、そこに出ていて当時は人気があったけれど、今もテレビ界に残っている芸人さんって何人います? 「ひろしです」と言って自虐ネタをしていた芸人さんを久しぶりにテレビ出で見て、「今年消える芸人のリストからも消えました」と言っていたのには笑ってしまいましたが。

 ナイツに限らず、本当に実力のある芸を今のテレビで見ることができないのは残念です。昔から漫才や落語は好きでしたが、じっくりとそういうものを楽しもうとしたらもう劇場に行くしかないないようですね。もうちょっと内容のある番組を作らないと、その内に皆テレビから離れてネットに移行してしまいますね。子供の頃からのテレビっ子の私の憂いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

まめひよ(ぴよ)
2015年02月13日 10:38
ナイツ、面白いですよね♪
お笑いもいろんなジャンルがあるんでしょうけど、
しゃべくりの漫才って、ほんま楽しいです。
皮肉がきいてたり、負い目もさらっと笑いに変えちゃったり。明るい気持ちになれます^^

でも、最近流行ってるのは、ほんまに薄っぺらなフレーズばっかりで。
小学生でも簡単に真似できちゃうんですもん。

かくいう私はピスタチオの真似して、子どもたちに、引き潮のようにひかれていますけど。。。
ゲコゲコ
2015年02月13日 23:21
>ぴよ さん
流行ものは、すぐに飽きられ、次のものがまた出てくる。
本当に素晴らしいものを見せてくれるテレビにしてほしいと思います。
出て来ては、すぐに消えてしまう芸人が多すぎます。
マスコミ、特にテレビ界がそういう人を作っているように思えてしかたありません。
ところで、ビスタチオは知りません。ナッツじゃあないですよね。

この記事へのトラックバック