南海本線浜寺公園駅

 昨日訪れた南海本線浜寺公園駅の駅舎は、南海電鉄のホームページやWikipediaで調べてみますと、2007年には建造から100年目となる私鉄最古のものとのことです。

 東京駅などの設計で知られる辰野金吾博士が所属した辰野・片岡建築事務所の設計によるもので、1998年に国の登録有形文化財に登録されています。柱や梁の独特の形はハーフティンバーという様式だそうです。

画像


画像


画像


 現在浜寺公園駅のひとつ南(和歌山方面)の駅である羽衣駅からその向こうの高石駅の区間は高架化の工事が進められています。また、北(難波方面)側は、難波から石津川駅まですでに高架となっています。

 いずれ、この浜寺公園駅辺りも高架化されるそうです。線路が高架になったら、この駅舎はどうなるだろうと思っていましたが、先日その際も保存されると知って一安心です。何しろこの駅は、子供の頃の海水浴で頻繁に、また高校へ通うようになった時は毎日利用した馴染みの駅ですからね。

 駅に限らずどこでも古い建物などはどんどん近代化されて行きますが、古い由緒ある建物はひとつでも多く残して欲しいものです。世の中には変わっていいものと、変わらなくていいものがありますよね。だから私も変わらぬ毎日を過ごしているのです、とは言いませんが……。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック