大河ドラマ『軍師官兵衛』第一回を見る

 昨年の『八重の桜』が不発だったと世間の評価。私も1年間通して見ると年頭には意気込みましたが、途中で挫折。だって、はっきりいって世間の評価通り、イマイチ面白くなかったもんねえ。さて、今年の大河ドラマ『軍師官兵衛』はどうでしょう?

 『八重の桜』の新島襄の名前は知っていても、新島八重については全く知りませんでした。最初はどんな人物なのかという興味もあって毎週見ていたのですが、戊辰戦争が終わり、話もさほど大きな展開がなくなると、いっぺんに興味もなくしてしまいました。

 そんな新島八重に対して、今年の黒田官兵衛は知った名前。というのは好んで読んだ司馬遼太郎氏の戦国時代の物語で度々目にした名前でした。とはいっても、豊臣秀吉の家臣で、参謀役の人物だったとしか知っていませんがね。

 そんな人物を主人公に1年間話は展開します。1回目の放送では、いきなり秀吉が事実上天下統一を成し終えた小田原攻めの一場面から始まりました。岡田准一扮する黒田官兵衛が単身降伏の説得に敵の陣地に赴く場面です。

 いきなりここからか、と思いきや、時は一気に遡り官兵衛の幼少の時代に。白鷺城と呼ばれる前の小さな城だった姫路城が映り、いよいよここからが物語の始まりという感じでした。

 今日の第1回は、官兵衛の幼少時代(名前は万吉)のエピソードが中心でした。若山耀人という少年。さすがNHKですねえ。いい子役を選びました。なかなか好演でした。創られた話かも知れませんが、後に秀吉の名参謀となる、そんな兆しがすでに子供の時からあったと、見ている人に感じさせる内容でした。そして、万吉が元服した官兵衛の岡田准一の顔アップで第1回の放送は終わりました。

 私は、数多くいるジャニーズの面々の中で芝居が上手だと思うのは、嵐の二宮くんと、この官兵衛役の岡田准一くんです。他の人は似たり寄ったりという印象でしょうか? その岡田くんが、どういう官兵衛を演じるのか。そちらにも興味がありますね。

 好きな戦国時代の話だからと見始めても、いつものように本能寺の変くらいで見るのをやめる(笑)ことなく、今年こそは最後までこの大河ドラマを見るとします。



NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」完全読本 (NIKKO MOOK)
産経新聞出版
2013-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」完全読本 (NIKKO MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック