日記――小ネタ集(その4)

 仕事を終えて会社から外に出ると辺りはすでに真っ暗、という時期と比べたら、少しは日の入りも遅くなってきたと感じるようになりました。昨日・今日は幾分寒さも和らぎ……、ということですが、まだまだ寒い日は続きます。どちら様も風邪などお召しになりませんように。また、手洗いもしっかりして、悪いウィルスに侵入されませんように。


 4回目の「小ネタ集」です。


■貧乏ゆすり

 会社に酷く貧乏ゆすりをする人がいます。私もその人が貧乏ゆすりをしているのを何度も見ています。いや私だけでなく、同じフロアで仕事している人でこのことを知らない人はいないはずです。その人、仮にKさんとしますが、Kさんの向いに席を移って来たある人は、机が突然揺れ出し、最初は何事かと思ったそうです。向かいのKさんの貧乏ゆすりの振動だったのですね。その人、今ではKさんの机と自分の机を数センチ空けて仕事しています。耐震予防だとか。



■病院の待合室で

 先週、私が定期審査で病院に行った時の話です。待合室の椅子に座って名前を呼ばれるのを待っていました。いつも長く待たされるので、病院へは文庫本を持って行っています。その日も本を読んでいました。隣りに座っていた人が先に呼ばれ、空いた席に30歳半ばの男の人が座りました。


 やがて読んでいる本が揺れ出したのです。本というより私の身体が揺れていたのですね。ふと隣りを見ると、隣りに座った男の人がこれまた酷い貧乏ゆすりをしていました。病院の椅子は3人掛けの長いすになっていました。私は右端、真ん中に貧乏ゆすり男。その左側には中年の女性が座っていました。


 しばらくすれば、貧乏ゆすりも止まるだろうと思っていたのですが、なかなか止まりません。落ち着いて本も読めず、いささかイライラしてきました。隣りの男に思わず言いそうになりましたね。「お前はKか!」と。



■潮騒のメモリー

 この夏、話題になった『あまちゃん』。私はほとんど毎日見ていました。その中で歌われていた「潮騒のメモリー」という歌。紅白歌合戦でも歌われていました。私もついつい口ずさんでいる時があります。


 先日も会社の休憩時間。ボケーッと窓の外を見ながら、小さな声で口ずさんでいました。ところどころ不確かなところはあるものの、歌詞はまあまあ覚えています。曲はいいのですが、歌詞はちょっとヘンなところがありますね。


 来てよ その火を 飛び越えて 砂に書いた アイ ミス ユー

 北へ帰るの 誰にも会わずに 低気圧に乗って 北へ向かうわ

 彼に伝えて 今でも好きだと ジョニーに伝えて……


 とここまで口ずさんだ時、後ろから「何してるん?」といつも会社で話をする人から声かけられました。私は振り向きながら、♪千円返して~ と続きを歌たい、手の平を彼の前へ出しました。彼は「千円借りた覚えはないわ」とひと言いって立ち去りました。



■耳に入ったおばさんたちの会話

 今日いつものように駅から自転車で家に帰る途中、おばさんふたりが話ながら前を歩いていました。私がおばさんたちの横をゆっくりと追い越す時、会話が耳に入ってきました。


 「あそこのゲコゲコ(ここは私の本名と同じ名字でした)さんとこの旦那さん、ちょっとヘンちゃう?」


 えっ? と思わず振り返りましたよ。まあ、私の名字はよくある名前ですし、ふたりのおばさんも知らない顔でしたから、私のことではないとも思いますがね。まさか、近所で私のことがヘンなオヤジだと噂になっているんじゃないでしょうね。


 ま、当たらずとも遠からずですが……。――そうです。わたしがヘンなおじさんです。



 元気に 明るく ちょっとアホ 


 今年はこれで行くんです。ヽ(^。^)丿



潮騒のメモリー
Victor
2013-08-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 潮騒のメモリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック