七五三

 休みの日と言ってもどこへ行くでもなし、ただただのんびりとしているだけ。カメラを肩にぶら下げて、いつものようにご近所をお散歩。

 近所の神社。参拝者はそれほど多くはない小さな神社。今日は七五三のお参りをする子供連れの人がちらほら。

画像


 七五三か……。

 私の子供たちもこの神社にお参りしたっけ。

 もう何年前だ? つい最近のことのように思えるのだが。

 息子は今年の春に家を出ました。職場がやや遠く、職場の近くでひとりで住むと。来年には結婚すると先日彼女を連れてやって来た。

 娘も先月家を出てひとり暮らしを始めた。親の目の届かぬところで何をしているやら。家内は心配していますが、私はそれほどでもない。もう子供じゃないし、何とかやっていくだろうと。

 家内とふたりきりになったとは言え、今のところは別に寂しくもない。かえって清々しているようなところがあるし、ひとり暮らしができるところまで子供たちを育てた(その世話の多くは家内がしましたが)のだからと自分で納得しているようなところもある。

 あとは、早く孫の顔を見せてくれればいい。写真も撮ってやるぞ。可愛い孫ならいいのだが。それだけが心配。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぴよ
2013年11月24日 16:20
そうだったのですか・・・

お子さんたち、もう立派にひとり立ちされたのですね。
息子さんは未来のお嫁様まで連れて来られて・・・

いつものよう?に、「嫁候補は能見似の美人だった」、とか、つぶやいてくださいよぅ。
おめでたい話なのでしょうけれど、なんだか私まで少し寂しくなってしまいました…(;。;)

ぴよ
2013年11月24日 16:24
でもでも、ゲコゲコさんにお孫さんができたら、自転車に乗せていっしょに電車とか見に行きそうですよね!

間違っても「じーちゃんと銀玉あそびしよか」、なんて誘っちゃダメですよ!

ゲコゲコ
2013年11月24日 17:57
>ぴよ さん
いつもコメントありがとうございます。
能見似の美人?
ああ、そんなこと言ったことありますね。
もう随分前のことじゃないですか。
あの人、もう会社を辞めて、どこかに嫁に行ったはずです。

銀球遊び?
それって、何。さっぱり解らない(ここ湯川学で)。

この記事へのトラックバック