初めてのレコードは『帰ってきたよっぱらい』だった

 当時中学1年生だった私は、親にねだって生まれて初めて1枚のシングル盤のレコードを買ってもらった。それがザ・フォーク・クルセダースの『帰って来たヨッパライ』だった。昨日、ラジオでそのメンバーだった加藤和彦さんが亡くなったとのニュースを聞き、強い衝撃を受けた。

 中1の時、丁度今くらいの季節だったただろうか、いや、もうちょっと秋も更けた時期だっただろうか、ラジオから妙な歌が聞こえて来た。「な、なんだ、この歌は?」とその時は、おかしな歌だなあというくらいで、あまり気に留めてはいなかった。

 その頃から、この『帰って来たヨッパライ』は、日本中にヒットして行ったのであるが、私が惹かれて聞いたのは、今でも忘れない年末近くの床屋で流れていたラジオから聞いた時だ。じっと聞き入ってしまった。

 その頃、世間はグループサウンズ全盛の時代。ザ・フォーク・クルセダース(以下フォークル)というグループ名も、また新しいグループサウンズのバンドかと思っていたほどだった。しかし、歌っている歌は、それまでのグループサウンズとは全く違った。

 それもそのはず、『帰って来たヨッパライ』は、一旦録音したテープを早回しにして再録音し、様々の効果音を加えて、いかにもおふざけの歌。

 今から思えば、この曲自体よりも、そんな面白い曲を作って歌っているグループに惹かれたのだろう。ともかく『帰って来たヨッパライ』のレコードが欲しくて欲しくてたまらなかった。後から知ったことだが、当時としては記録的な280万枚も売り上げたとか。そんなに売れたレコードだから、当初はどこのレコード店に行っても売り切れていた。

 やっとこさ手に入れた『帰って来たヨッパライ』のレコード。父親のプレイヤーを借りて、なんど聞いたことだろう。――B面は、何故かソーラン節だった。(笑)

 それから、この曲を作ったフォークルに、私ははまって行った。友人の兄貴が、『紀元二千年』というフォークルのLPレコードを持っているというので、友人の家に行って聞かせてもらったりした。遊びに行っては、何度も聞かせてくれとねだるものだから、遂には貸してやると行ってくれたときには、嬉しくて夜遅くまで聞いていた。

 フォークルは、加藤和彦・北山修・端田宣彦の3人のグループで、学生フォークグループが、上の一曲で一躍スターダムにのし上がったようなもの。まさに関西フォークブームの火付け役でもあった。

 歌ありコントありの今でいうバラエティー番組もテレビで放送されたりした。もちろん私はその番組も毎週かかさず見ていた。フォークル2枚目のシングル『悲しくてやりきれない』は、この番組で真っ先に紹介されていたと記憶している。

 しかし、当初から3人で決めていたとのことで、フォークルは1年で解散してしまった。その解散コンサートを収録したLPは、『帰って来たヨッパライ』と並んで実家の押し入れに眠っている。

 それまでのグループサウンズから目を離させ、耳を離させ、フォークソングへと私を誘導したのは、間違いなくフォークルであったと思う。その後、岡林信康、加川良、吉田拓郎、井上陽水、泉谷しげる、などなどフォークソングを聞いて、青春時代を過ごすことになるのだが、最初にフォークルから受けた衝撃を越えるものはなかった。

 たった1年で解散して寂しかった私にとって、後に加藤和彦・北山修のコンビで作った『あの素晴らしい愛をもう一度』を聞いた時はどんなに嬉しかったことだろう。実はこの曲、今でもカラオケでは必ず歌ってしまう一曲である。

 フォークル解散後も加藤和彦氏は、音楽活動を続けており、時々テレビでも氏を拝見していた。どういう事情があったのか、マスコミやネットのニュースでしか解らないが、非常に残念でならない。

 去年だったか、加藤和彦氏と北山修氏に加えてTHE ALFEEの坂崎幸之助氏が参加してのフォークル再結成(加藤氏によると新結成ということらしいが)コンサートの模様がNHKで流れていた。またいつかこのようなコンサートがあることを、前もって知ったら是非行きたいと思っていたのだが……。

 加藤和彦は今頃歌っているのだろうか? ♪オラは死んじまっただ~、と。

 しかし、私は、悲しくて 悲しくて とてもやりきれません。

 ご冥福をお祈り申し上げます。



※ポチッとお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
人気blogランキングへ
ブログひろばへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

CLAP
2009年10月19日 17:32
お久しぶりです!

いやあ、加藤さんが・・・絶句

そう言えば、実は私も『帰って来たヨッパライ』持ってました!
しかも、何故か「ソーラン節」にはまって、未だに私の中の
「ソーラン節」は、あの曲なんですよ(笑)

子供心にあの不思議な「ソーラン節」は、催眠術のように
深く心に刻まれたんでしょうね(苦笑)

ホントに残念です。
ゲコゲコ
2009年10月19日 22:54
>CLAP さん
あらら、CLAPさん、久し振りですねえ。

私は、B面が「ソーラン節」だったことは覚えていますが、あまり聞かなかったです。A面専門でした。
でも、何故「ソーラン節」だったのでしょうね。
CLAP
2009年10月20日 14:28
>でも、何故「ソーラン節」だったのでしょうね。

それは確かに今考えても
不思議です・・・
きっとギャグだったのでは
ないでしょうか?(笑)
ゲコゲコ
2009年10月20日 23:16
>CLAP さん
そうかも知れません。フォークルは遊び心満載でしたからね。
ソーラン節はともかく、加藤和彦氏の曲はすんなりと頭に入ってくるメロディーでした。
そしてとっても優しく感じられ、北山修氏のこれまた覚えやすい詞と実にマッチしていました。
残念でなりません。この2・3日、脱力感に苛まれています。

この記事へのトラックバック