また韓国に負けましたね

 仕事で試合は観れませんでしたが、時々ネットで経過など確認していました。ま、初回の3点が最後まで重くのしかかりましたね。

 私は、WBCのことでこのブログにあまり記事にはしていません。タイガースだけが野球だとは思っていませんがね。どうも今回のWBCに関してだけは、あまり興味が沸かないのです。

 日本での練習の時からそうでしたが、イチロー、イチロー、またイチローでしたもの。どうにも反感を持ってしまったのです。先日も言いましたが、今回はまさに「イチロー・ジャパン」の印象を拭えません。結果的にイチローが打たないと負けてしまうチームですもの。東京ドームでの第1ラウンドでは、イチローが打って韓国に大勝しましたものね。イチロー中心、それは当然そうなるのは仕方がないとも思いますがねえ。

 イチローが嫌いかって? うーん、以前はそんなことはなかったですよ。オリックスでプレーしているときはね。日本初の4割打者誕生かとも思いましたよ。実際、その可能性はありましたもの。伝説が生まれる、その瞬間を見られそうな気がしていましたもの。それがアメリカへ行ってしまったからねえ。

 イチローファンには申し訳ないですが、最近の彼の態度や発言に私は好感を持っていません。関西で言うところの「ええカッコしぃ」(カッコ付けているやつのこと)に見えてしまうのです。実際カッコいいし、単なる私のやっかみでしょうがね。しかし、それでも私は、甲子園のお立ち台で「うぉー!」って叫んでいるほうが好きなタイプなのです。

 まだ日本が連覇の可能性がなくなったわけではないです(前回のWBCのように韓国に負けてばかりでも世界一になれるかも知れません)が、日本が韓国に弱いことについては、今日の敗戦を機にあちらこちらで議論されるのでしょうね。

 そもそも、日本のプロ野球、いやプロ、アマを含めた野球界全体がそろそろ考えを改める時期が来ていますよ。いや、もう遅いかも知れません。あの2004年の騒動の時を切っ掛けに、野球界は変わるべきだったのです。あの年、改革に向けて、これからやるべきことは多いと言われていたのに、はて、どれだけ改革されたことでしょう?

 あれからもう4年半が過ぎました。小さな変化はあったかも知れませんが、根本的には全く変わっていないと思いますよ。まず、あると言われる「プロとアマの壁」を撤廃しなくちゃ。韓国なんて、そんな壁はないと聞いていますよ。これは私の想像ですが、世界に通じる野球というものを、野球界全体で考えているのじゃないかな。

 日本の野球界がもたもたしているから、先に述べたイチローや、日本にいれば王貞治の55本塁打超えの記録(そもそも、40数年間新記録が出ないスポーツなんてないですよ)を残したであろう松井秀樹が、海を渡ってしまったのも解るような気がしますよ。いや、彼らだけじゃないです。アマから日本のプロ野球を経ないでアメリカへ行く選手も出てきているじゃないですか。

 プロもアマも協会のお偉いさん達は、これを重大事と感じているのか、いないのか。仲違いせずに、そろそろ一つの組織にしません?

 世界の見本になるような、素晴らしい野球界にしてですね。WBCも地元では盛り上がってないと言われているアメリカでの開催なんかじゃなく、日本で行えるようにしましょうよ(その時は甲子園球場を使ってもらいましょう)。世界の野球を日本がリードして行かなくちゃ。ボールも日本の使用球を世界標準にしてしまえばいいじゃないですか。岩田も苦労して押し出し四球なんてことをしなくて済むかもよ(ボールのせいじゃなかったかも知れませんが)。

 冗談はさておき、ともかく次のキューバ戦に死力を尽くしてもらいましょう。

 がんばれ イチロー・ジャパン! (あれ?)



※ポチッとお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気blogランキングへ
ブログひろばへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック