投手のベースカバーについての話

 いつも聞いている夕方のラジオ番組で、元タイガース投手の湯舟さん(現野球解説者)が、面白い話をしていました。――久し振りのタイガースネタの記事をUPできるぞ、と喜んでラジオを聞いていました。

 今日の話は、投手のピッチング以外の役割についてでした。すなわち、牽制球やベースカバーの話です。その中でボークの話もしていましたが、これはややこしいです。じっくり聞いていたのですが、十分理解できませんでした。自分が理解していないことを記事にするのもなんですので、それはやめておきます。

 投手がベースカバーに入るのは、多くはファーストですよね。内野手(一塁手か二塁手の場合が多いです)が捕球したボールを一塁のベースカバーに入った投手にトスをする場面はしょっちゅうありますね。あれって、お互いがタイミングを計っているように思っていました。もちろんタイミングを合わせるために練習で何度も繰り返しやっているでしょうが、試合中でもその時には、投手のほうが声を出しているとのことでした。「今や、今(ボールを渡せ)!」と言っているとのことでした。

 湯舟さんも、現役の頃はそう言っていたらしいです。ただ、野手が自分で一塁に駆け込んだほうが早いやろ! と思ったことが何度もあったと言ってました。(笑)

 そして、ベースカバーで最も重要なのは、ホームベースのカバーです。ホームベースを守るキャッチャーの後ろでカバーします。ランナーが三塁からホームに突っ込んでくる場面です。三塁にランナーが居て、暴投した時なんかは、自分がホームベースを守ることになります。

 しかし、このベースカバー、時として忘れてしまうことが誰でもあると言ってました。それは、連打を浴びて頭が真っ白になっている時なんかです。湯舟さんもそういう時があったそうです。

 いつの試合のことだったかは言ってませんでしたが、連打を浴びて、おそらく何点か取られたいたと思いますが、二死三塁二塁の場面で、打者に痛烈なセンター方向の当たりを打たれたそうです。もう舞い上がってしまって、当然キャッチャーのカバーに走らなければならなかったのですが、マウンドに茫然と突っ立っていたそうです。

 打球は、新庄(懐かしい?)の超ファインプレーでアウトになったのですが、あの時だけはホントに助かったと思ったと言ってました。ただただセンター方向を向いて立ち尽くし、新庄に捕ってくれと祈っていたらしいです。新庄のプレーは、今でもスローモーションで再生できるくらい脳裏に残っているとも言ってました。

 新庄のプレーは、「珍プレー・好プレー」でも取り上げられるくらいのファインプレーだったらしいですが、その映像を何かで見た時、マウンドに立ったままの自分が映っていたとのことです。そこに居てはいけない自分が。

 新庄のファインプレーと同時に湯舟さん自身の凡プレーも見られたとか。あの打球が抜けていれば、罰金物のボーンヘッドだったにもかかわらず、誰も気が付いていなかったのか、チェンジになってベンチに戻っても何も言われなかったらしいです。暗黒時代のタイガースで良かったですね。(笑) 星野さんの時代だったら、蹴っ飛ばされていたかも知れません。

 投手は、打者に対してボールを投げるだけじゃないですね。ランナーが出れば牽制しなければならないし、下手にやればボークになるし、次に打たれた打球によっては、自分がカバーに走らなければならないしね。湯舟さんは、打者に対する神経の何パーセントかは、次に起こることを予想しながら、投げていたと言ってました。

 その割には……。あ、いやこれは余計なことを言いそうになりました。ノーヒット・ノーランも達成している投手ですからね。タイガースの一時代を支えた投手ですからね。失礼なことは言っちゃいけませんね。(^^ゞ



※ポチッとお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気blogランキングへ
ブログひろばへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2009年01月17日 21:02
ランナー2塁の場面で、外野に打球がいって、ピッチャーがカバーに走っていないケースってみてたら結構ありますよね。
まあ、そのことが致命傷にならなければいいですけど、高橋由伸(だったかな?)は高校時代カバーに行かなかったせいで甲子園でサヨナラ負けしましたからね。
いずれにしても、こういう初歩的なミスはやめてほしいものですね。
ゲコゲコ
2009年01月18日 18:21
>famidra さん
へえ、高橋由伸にそんなことがあったのですか?
こういう基本ができているチームが結局は強いということですね。
さて、今年のタイガースは・・・。