なんやかんや、そしてTigers

アクセスカウンタ

zoom RSS 高齢化社会を目の当たりに・・・

<<   作成日時 : 2010/12/26 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 ついにこのブログも時たまくだらない話をするだけのものになってしまいました。今日はくだらない話というより、やや深刻な話です。

 今週は、天皇誕生日も仕事でしたし、昨日までみっちりと仕事。それも相変わらずの連日残業。あともう少しで正月休みになるからと身体に鞭打って頑張っています。まあ、そんなたいそうなものでもないですがね。

 それでも日曜日となるともうぐったりしてしまって、朝7時過ぎに一旦目を覚ましたものの、朝食後再び横になってテレビなど見ていたら、またダウンしてしまっていました。

 次に起きたのは、もう昼食の時間になろうかというところ。今日は朝から年賀状に取り掛からなければと思っていたのに、午前中は夢の中で潰れてしまいました。

 朝食を済ませたところという感じだったのにまた昼食。でもって、それを済ませてまたテレビを見ていたら、再びいつのまにやらうつらうつら。相当今週は疲れていたようですが、だいたい炬燵がいけないのですよね。どうしても居眠りしてしまいます。

 はっと気が付いて、これはいかんいかん。折角の休日なのに何もできないうちに終わってしまうと、ようやく炬燵から抜け出したのですが、もはや年賀状に取り掛かる気力が失せてしまっていました。ひとまず床屋でも行くかと、髪の毛の伸びた頭をぽりぽり。

 床屋さんの前で中を覗いてみると満席。順番待ちの人もふたり。みなさん、正月前にさっぱりとしておこうっていうとろでしょうかね。

 一旦出直すかと思ったのですが、中から床屋の大将が「すぐですから、どうぞ中でお待ちになって下さい」と声を掛けて来ました。そう言われれば、出直すのも気が引けて、中に入って先に順番待ちしていた人の隣りに腰を掛けました。

 そんなに広くはない床屋さんの中を見回すと、理髪中の人はおじいさんばかりでした。順番待ちしているふたりの人もおじいさんでした。待ち時間の間、悪い癖が出て、失礼とは思いながらも人間観察をしてしまいました。失礼と思うなら、ブログ記事なんかにしなければいいのでしょうが、現実を見つめることも必要です。

 先に理髪してもらっていたおじいさんが終わって、椅子から立ち上がろうとしましたが、なかなか立てません。立てかけてあった自分の杖と床屋の大将の支えで、ようやく立ち上がることができた次第。後で、床屋の大将と別の理髪師の人が話していまいしたが、このおじいさんは92歳とのことでした。

 料金を払って、とぼとぼと杖をついて玄関を出ていくおじいさん。大丈夫かなあと後ろ姿を見ていました。と、順番待ちをしていたおじいさんが、自分の番だと立ち上がったのですが、こちらも杖をついていました。私の隣りに座っているおじいさんは、まだ若いほうでしっかりとしていました。私同様、先のおじいさん達を心配そうに見ていました。

 なんだか今日は、お年寄りばかりで、どうなっているんだろうと思っていましたら、一番端の席で理髪をしていたおじいさんは、さらに深刻でした。身体が横に傾いていたから眠っておられるのかと思っていたら、そうではありませんでした。何かのご病気でしょうか、自然と身体が傾いていたのです。理髪師の方も、とてもやりにくそうに髪を刈っていました。

 そのおじいさん、終わってからがまた大変でした。身体が傾いているから、まともに歩けない。でも身体の具合は悪くても、他はしっかりしているようで、携帯電話を取り出すと、家族に電話していました。「今、終わった」と。

 そのおじいさん、一旦私の横に腰を降ろしてしばらく座っていました。すぐに家族の方でしょうか、車で迎えに来ました。床屋さんに通うのも、家族の方が車で送り迎い。大変なことですね。

 今日は、床屋さんでどんどん進んで行くであろう高齢化社会の縮図を見たような気がしました。いずれ、いやそんなに長くはないですが、私もその中に入って行くのですね。いくつになっても自分の足でしっかりと歩いて、家族には迷惑を掛けたくないものですが、こればかりはどうなることか解りません。

 そして、とうとう今日も年賀状は手付かずのままで終わってしまいまいしたとさ。


☆ ぜひ一票を! ☆
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
床屋の大将がわざわざ声をかけてくれるなんて、なんだかいい感じのお店ですね(^^)
そんな感じだから、お客さんも入るんでしょうね。

子ども叱るな来た道じゃ、(だったかな?)
年寄り笑うな行く道じゃ、って言葉がありますよね。
お年寄りは増えても、この床屋さんや送迎してくれるご家族みたいに、お年寄りを普通に労われる社会であってほしいと思います。

ぴよ
2010/12/27 09:40
追伸です。
うちも昨日、コタツで寝てしまいました。
コタツって絶対に魔力がありますよね。
ぴよ
2010/12/27 09:43
>ぴよ さん
子供叱るな・・・、っていいこと言いますねえ。
さすが、亀の甲より何とかですな。(^O^)

炬燵に入ると、ベホイミの呪文をかけられます。
ゲコゲコ
2010/12/28 00:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ゲコゲコおやじの
メインサイト
にもどうぞお立ち寄りを!


TweetsWind
高齢化社会を目の当たりに・・・ なんやかんや、そしてTigers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる