なんやかんや、そしてTigers

アクセスカウンタ

zoom RSS 心霊現象なんて信じません

<<   作成日時 : 2010/01/19 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

 一昨日の「占いなんて信じません」に続いて“信じませんシリーズ”第二弾のようなお話。

 話は昨夜のことです。この話をアップしようとしたのですが、サーバーの長時間メンテナンスとかで、アップできませんでしたので、今日になってしまいました。

 夕方飲んだコーヒーが行けなかったのか、会社の帰りにトイレに行きたくなってきました(小のほうですよ)。駅に着いてからトイレに行こうとしたのですが、丁度電車が到着するのが見えたので、トイレを我慢して階段を駆け上がりました。電車に飛び乗り、トイレのほうは、まあ辛抱できるだろうと思っていました。

 降りるべき駅に着き、駅を出る前にトイレを済ませばよかったのですが、ここでも家に着くまでは辛抱できるだろうと高をくくっていました。家までは自転車です。飛ばせば大丈夫なんてことも考えていました。しかし、とうとうお漏らし。……違いますって。どうにも我慢の限界に達して、家まで持ちそうになくなってきたのです。

 帰る途中で道を折れたところに公園があり、そこに公衆トイレがあるのを思い出し、そこへ向かいました。

 無事用を済ませて、トイレから出た時です。公園内は街灯もあり、トイレにも薄暗いとはいえ電気が点いています。辺りは真っ暗で怖いということもなかったのですが、ある物を見て、一瞬「ギョッ!」としました。

 トイレの横に黒い物体があったのです。街灯の明かりはトイレが邪魔して届いていません。近所の家から漏れる光で薄暗い中、真っ黒な物体がありました。目を凝らせば凝らすほど、人がうずくまっているように見えるのです。

 浮浪者か何者かがうずくまっているのかと思ったのですが、動く気配もありません。推理小説ばかり読んでいるから、ひょっとして第一発見者になるかも、なんて想像してしまいました。でも、第一発見者は最初に殺人犯として疑われやすいのです。さっさと自転車に乗って立ち去ろうとしたのですが、やはりどうにも気になりました。

 怖々近付いて見ると……。

 なーんだ、木の切り株か……、ということでした。(^^ゞ 丁度人がうずくまったくらいの大きさの真っ黒な切り株がそこにありました。これが日中だったら、ギョッとすることもなく立ち去っていたでしょう。

 で、思ったのです。幽霊を見たとかなんとか、よく見聞きしますが、結局はこのようなことじゃないでしょうかね。幽霊や霊魂が存在するかどうかは解りませんが、私はあまり信じませんね。上のような見間違いか、何かの錯覚じゃないでしょうか。

 私は、何年か前にも暗い夜道で白い陰を見て、ギョッとしたことがありましたが、それも単なる見間違いでしたもの。

 例えば心霊写真。何もないところなのに写真に人の顔のようなものだとか、何かの陰が写っているとか、テレビでも時々そんな写真を紹介してますよね。その道の人(?) が出て来て、もっともらしいことを言ったりしていることもあります。あれって、なんか胡散臭く思えるのですよね。

 だいたい写真なんて、元々光と影がなければ何も写らないものですし、光の加減で何かが人の顔に見えるように写ったりしますよ。紙に黒丸を間隔を空けて横に並べて書いてみて下さい。その真ん中に縦棒を一本。その下に横棒を書いてみて下さい。こんな風に……。

  ●|●
   ―

 ほら、これでもう人の顔に見えます。よく使われる顔文字なんかもこの類(たぐい)でしょう。単純な線と図形だけで人間の目には顔に見えたりするのです。カメラのレンズが何かの拍子で、複雑な光と影を捉えてしまったとしたら、人の顔などに見えてしまうように写ることもあり得ます。

 ボヤッとした白い陰なんて、余計に疑わしいものです。ましてや、素人でもデジタル加工が簡単にパソコンでできる昨今。作為的に心霊写真など簡単にできますよね。

 現像の途中で何か不具合、例えば現像液のムラとかがあったら、妙な影が出る時があります。それがもし、人の肩の上でたまたま手の形に見えるムラだったら……。昔、モノクロフィルムの時代ですが、自分で現像したことが何度かありました。下手な現像で、写真がムラムラの状態になったことがありましたよ。

 だから、この手の心霊写真と言われるもの、フィルム写真に多いのじゃないかな。デジタルカメラ全盛の今日、現像ムラが起きようがないから、そんな現象の写真はおそらく出てこないと思いますね。もし出てきたとしたら、それこそ加工したものじゃないでしょうか。

 これは私の持論ですが、何もないところなのに写真に撮ったら写っていたというより、確かに肉眼では霊のようなものが見えているのに、写真に撮ったら何も写っていなかった、というほうが真実味のある話ですよ。

「おい、あそこの木の下に何かいるぞ。幽霊みたいなのが……。早くカメラを!」と、確かにちゃんと写したはずなのに、帰って見てみると何も写っていなかったという具合にね。ドラキュラなんて鏡にも映りませんし……。(笑)

 まあ、こんなこと言っていると、信じている方から反論が出るかもしれませんが、説明がつかない現象だから、これはきっと心霊現象だというのだけはやめてもらいたいですね。幽霊だとか霊魂だとか、もし自分がこの目で見たなら、やっぱり「ギョッ!」とはなるでしょうがね。

 ただね……。こういう私も、妖怪の存在は信じているのです。いや、妖怪と言っていいかどうかは解りませんが、そういうものはこの世に存在しますね。確かに何かいます。――その話は、また機会があればするとします。今日は“信じませんシリーズ”ですので……。(^o^)




※ポチッとお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
人気blogランキングへ
ブログひろばへ
☆ ぜひ一票を! ☆
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
背後でカチカチと・・・
 今日も帰りが遅くなりました。いつものように駅から自転車で家路を走っていました。それにしても今夜は寒かったです。雨の日と風が冷たい冬は、自転車は辛いです。 ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2010/12/16 00:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も信じない派です。
「幽霊をとらえてみれば枯れ尾花」ということばもあります。怖いと思うと、取り込み忘れたシーツが闇に揺れたら幽霊に見えますし、暗闇そのものが恐怖ですものね。
それより、妖怪のお話・・・興味あります。
ドルチェ
2010/01/20 07:02
>ドルチェ さん
ですよね。基本的に目で見えないものは、写真にも写らないと思いますよ。X線写真などは、もちろん違いますがね。
妖怪の話・・・。うふふ(~_~)
ゲコゲコ
2010/01/20 09:58
こんにちは。
私も信じてない口です。
霊そのものも信じてないし、
もちろん占いも信じてません。

でも、心霊現象・恐怖もの・・
大好きなんですよね(苦笑)
昔あった心霊写真の謎を明かす!
みたいなのは大好きだったなあ

逆に、超能力やUFO、宇宙人は
思いっきり信じてます。
だって科学でしょ?
もちろん、世に出てるもののほとんどは
嘘だと思ってるんですが(笑)

妖怪ですか!
そっちも大好きですね〜

う〜ん・考えてみれば、信じてないけど
みんな大好物なんです(汗)

CLAP
URL
2010/01/20 19:13
>CLAP さん
そうですね。信じないと好き嫌いはまた別問題のようですね。
私も幽霊なんて、信じてはいないですが、怪談話は好きです。
ゲコゲコ
2010/01/20 22:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ゲコゲコおやじの
メインサイト
にもどうぞお立ち寄りを!


TweetsWind
心霊現象なんて信じません なんやかんや、そしてTigers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる