なんやかんや、そしてTigers

アクセスカウンタ

zoom RSS 元気な(?) おばあさん

<<   作成日時 : 2006/11/04 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 三連休とはならず、今日は仕事でした。帰りの電車、いつもよりは空いていましたが、座る席があるほどでもありませんでした。

 つり革を持って立っている私のそばで、おばあさんがちょこんと座っていました。小さな可愛いらしいおばあさんでした。バギーっていうんですか、折りたたみ式の乳母車。それを自分が座っている前に引き寄せて、両手で寄りかかるようにして前屈みで座っていました。その姿勢から腰が曲がっていることは想像できました。バギーも杖代わりなのでしょう。そういうおばあさんは街でもよく見掛けます。

 やがて私が降りる駅に電車は着きました。前の人に続いて降りようとしたら、そのおばあさん、私の前に割り込むようによっこらしょと立ち上がりました。そのおばあさんも降りるつもりなのでしょうが、どうにも動作が遅かったです。バギーを押して、ゆっくりと歩を進めるといった体。

 おばあさんに続いて降りたところは都合良く改札口への階段のすぐ下でした。私の行く手を遮って、おばあさんはバックを乗せたバギーに手をかけ、曲がった腰を伸ばして、「ふう」と一息ついていました。「これからこの階段を上らなくちゃならんのか。こりゃあしんどいわい」とでも思っていたのでしょうか。

 私はおばあさんの横をすり抜けて先を急ごうとしましたが、階段に向かう人に邪魔されて、おばあさんを追い越すことは出来ませんでした。人の流れからして、私はおばあさんについて階段を上がるしかないようでした。でもそうなると、心優しい(?) 私は、苦労して階段を上がるおばあさんを見て見ぬ振りはできません。バギーを持ってあげるか、おばあさんの手を引いてあげるかしなくちゃ、とおばあさんの横手に回り、声をかけようとしました。と、まさにその時!

 おばあさんは、ヒョイとバギーを小脇に抱え、スタコラサッサと階段を上り始めたのです。何かに取り憑かれたかのように見えました。腰こそ曲がって前屈みの姿勢でしたが、それがかえって重心が前にくることになるので、スピードを上げないとそれこそ倒れてしまうかのようでした。階段を踏み外すことなく、左右の足で一段一段しっかり踏みしめて、さっさと上がりきってしまいました。

 え、私? そりゃあ、階段の下で呆然とおばあさんを見上げているしかありませんでしたとも。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
人気blogランキングへ
ブログひろばへ
☆ ぜひ一票を! ☆
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ゲコゲコおやじの
メインサイト
にもどうぞお立ち寄りを!
(ツイッターはこちら)

元気な(?) おばあさん なんやかんや、そしてTigers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる