なんやかんや、そしてTigers

アクセスカウンタ

zoom RSS 定期券が戻ってきました

<<   作成日時 : 2006/01/24 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 昨日の定期券ですが、無事戻ってきました。
 今日の帰り、駅で駅員のところに近付いて行くと、その私の姿を見た駅員が笑顔で、
「あ、ゲコゲコさん(ここは、もちろん本名で)でしたね」と、後ろの棚から定期券を取り、「これで間違いないですか?」と、私にその定期券の確認を求めてきました。
 私は乗車区間と自分の名前を見て、「はい、間違いありません」と、受け取りました。
 どうもあの駅員さん、私の名前と顔を覚えてしまったようです。まあ、毎日利用している駅ですし、顔や名前を覚えて貰っていても損はないでしょう。
 定期券が帰ってきてほっとしました。自動改札機も無事通れました。なんだか嬉しくなって、
「おい、どこへ行ってたんや? 心配したで。ホンマ、無事に帰ってきてよかったなあ」と、頬ずりしたくなりました。・・・・・・って、この感覚、ヘンですかねえ。

 ところで昨日の人身事故ですが、新聞によりますと女性が電車にはねられたとのことです。年齢など詳しいことは載っていませんでしたし、単なる事故なのか、はたまた自ら命を絶ったのかも解りませんでしたが、何ともはや痛ましいことです。
 毎日電車に乗っていると、「人身事故」があったということをよく耳にします。去年の暮れにも2・3度そんなことを聞きましたし、今年の初めにも昨日事故があった同じ市内で、別の路線の踏切で乗用車が電車に巻き込まれ、運転していた女性とその子供が亡くなっています。
 昔は、踏切には人が付いていて、手動で遮断機を上げ下げしていましたが、最近はどこも自動です。車が踏切内で立ち往生していても、すぐに近付いて来る電車にそのことを知らせる人がいません。いや、去年だったか、東京で人が付いている踏切でも事故がありました。
 また、遮断機が降りていても、それを無視して踏み切りを渡る人や車も多いです。実際事故も起こっています。そんな人が事故に遭うのは、自業自得かも知れませんが、大事故になるとも限りませんし、大勢の人が迷惑します。定期券がどこかへ行ってしまう人もいるのです。(^^ゞ 危険なことは絶対しないで欲しいものです!
 鉄道は全線高架か地下がいいですね。同じ平面で鉄道と道路が交差すること自体危険なのです。

 今、私の家の最寄りの駅辺りは、高架工事が行われています。開かずの踏切が無くなるのに加えて危険なところが無くなるように、早く高架工事が完成して欲しいです。
☆ ぜひ一票を! ☆
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ゲコちゃん やっぱり見付かったでしょう。
良かったね。
自分の物というのは愛着があるものです。
心がある物でも、ない物でも。
私のデリカ!時々思い出します。
やっちー
URL
2006/01/25 21:46
長年使っていたりすると愛着を感じたりしますね。
シャープペンシルなんか、高校時代のものをまだ持っています。5・6年前に、とうとう壊れてしまったのですが、まだ捨てずに置いてあります。
ゲコゲコ
2006/01/25 22:25
さすがゲコゲコさん。
日頃の行いがいいと戻ってくるんですね。
φ(.. )メモメモ
ガイオー
2006/01/25 22:26
私も以前、定期券を落としたことがあります。他の落し物と違って、定期券を無くすとすごく落ち込みます。幸い、三日後ぐらいに駅に届けてくれた人がいて戻ってきました。そのときは感激しました。ゲコさんの頬擦りしたくなく気持ちわかります。ゲコさんとこの電車も、早くPiTaPaが導入されるといいですね。
三次元
URL
2006/01/26 09:30
>ガイオーさん
日頃の行いがいいと、元々ヘンなことは起こりませんです。

>三次元さん
そうです。私もピタパに変えようと思ってます。
でも、ピタパってどんなものでしょうね。(~_~メ)
ゲコゲコ
2006/01/26 11:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ゲコゲコおやじの
メインサイト
にもどうぞお立ち寄りを!


TweetsWind
定期券が戻ってきました なんやかんや、そしてTigers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる